森川美穂は現在大学准教授へ!長男を育てるシングルマザーに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

アイドル歌手として1985年にデビューをした森川美穂
学園祭の女王とまで言われるようになった森川美穂は

現在は離婚してシングルマザーになり
大学准教授として長男を育てています。
今回はそんな森川美穂の現在について見てみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■森川美穂について

名前:森川美穂(もりかわ みほ)
生年月日:1968年5月5日
出身:大阪府

森川美穂は1985年7月に
シングル「教室」でアイドル歌手としてデビュー。
当時は歌手として活躍をしたかったため
肩書に少々不満があり

1986年の秋元康作曲の「赤い涙」
1987年のASKA作詞作曲の「おんなになあれ」が
ヒットをして念願のアーティスト路線へ。

1999年にアカペラグループである
VOX-IVのKOHJIROとミュージカルで共演した縁で結婚をして
長男が生まれるも2002年に離婚をしてシングルマザーへとなります。

 

【スポンサーリンク】

 

■森川美穂の現在について

そうして森川美穂は離婚して
シングルマザーとなり長男を育てていますが
2007年から大阪芸術大学演奏学科の
非常勤講師となり、ヴォーカル実技を指導しているという。

2017年現在ですと大阪芸術大学演奏学科の
准教授となりポピュラー音楽コース
ヴォーカル実技の他にステージングも行っているようです。

■おわりに

森川美穂はアイドル歌手から歌手へ転身し
そこから大学准教授へと転身というのがなんとも凄い。

森川美穂は現在も大学准教授として
活動をしながらもライブを欠かさず
さまざまな方面で活躍をしているということになりますね。
 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA