中林美和の旦那、Zeebraとのエピソードが凄い!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2001年まで雑誌『CanCam』の専属モデルとして活動し
人気があった中林美和

実は19歳の頃にヒップホップ歌手のZeebraと結婚をしています。
今回は中林美和とその旦那のZeebraの
エピソードについて見てみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■中林美和について

名前:中林美和(なかばやし みわ)
生年月日:1979年3月5日
出身:東京都
職業:ファッションモデル

『CanCam』の専属モデルとして
活躍をしていた中林美和。

旦那と結婚した後は
ママモデルの先駆けとして
様々な女性誌に登場しています。

■Zeebraについて

名前:Zeebra(ジブラ)
本名:横井英之(よこい ひでゆき)
生年月日:1971年4月2日
出身:東京都港区

DJとして活動てヒップホップの先駆けとして
数多くのファンを持つZeebra。

ドラマにも出演を果たすなど
音楽活動だけではなく
様々な分野で精力的に活動。

国外でも活躍をし、2007年には
アメリカ、韓国、タイ、そして台湾など
海外の都市を含めたクラブツアーもしていて
2010年には武道館ワンマンライブを行うほど。
 

【スポンサーリンク】

 

■中林美和とZeebraの馴れ初め

中林美和は元々Zeebraのファン。
そして初めてあった時に握手をし、
Zeebraは中林美和の手をずっと離さなかったという。
その時のことについて中林美和はこう語っています。

「私がのばした手を、ぐっと強く握って、
私の手をずっと離してくれなかった。
そのとき、あ、私、この人とずっと一緒にいるって思いました」

Zeebraは一目惚れをしていたという。
この時中林美和は19歳でZeebraは26歳。
その数日後には中林美和はZeebraと一緒に暮らしたという。

しかしZeebraはその当時はシングルファーザーとして
7歳と6歳の息子がいました。

そのため中林美和は19歳で
2人の息子をが出来たということに。

■中林美和の結婚

中林美和はモデルとして活動をしながらも
子育てをして両立をしていました。

何故19歳という若さで中林美和は
Zeebraとの結婚を決めたかというと
Zeebraの事務所兼自宅を訪れた際に
家の惨状を目撃してしまったから。

シングルファーザーとして仕事が忙しかったZeebraの自宅には
ピザの空き箱と出前の空き皿が山のように積まれていました。

それをみて、中林美和は自分がなんとかしたいと思い
一瞬で家族になると決めたという。

そしてそう決めて、出会ってから数日後には
同居し、子どもたちも中林美和になつきました。
中林美和が海外で活動していた時にも
長男からお腹がすいたと電話がかかってきて
国際電話でピザのオーダーをしたことも。

そして中林美和とZeebraが数年間同棲をし2002年に結婚。
2002年に長女、そして2004年に二女が生まれ
子供が四人となりました。
ちなみに子供の名前は以下のとおり。

長男:健人(けんと)
次男:錬(れん)
長女:花音(カノン)
次女:里茉(りま)

■おわりに

中林美和は出会ってすぐの時は
息子たちには母親として認めてもらえず
姉という感じであったそうです。

結婚するまでは中林美和自身も
母というよりは姉と接していて
旦那のZeebraと結婚してからのほうが
母でなくては、という責任を感じて
プレッシャーが凄かったという。

 

【スポンサーリンク】

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA