中居正広が入院をしていた。気管支炎と肺炎でおよそ一週間

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SMAPが解散をしてからそれぞれ再スタートをしている中で
中居正広が一週間ほど気管支炎と肺炎により
入院をしていたことが発覚しました。

今回は中居正広の入院について見てみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■中居正広は過去にも入院をしていた

中居正広は実は過去にも
分かっているだけでも3度ほど
入院をしていたことがあります。

■中居正広は20代の頃にも肺炎で入院を

中居正広は20代前半の頃に
肺炎で入院をしています。

もともとヘビースモーカーですが
入院中も病室で吸っていたとも語られています。

■中居正広の盲腸での入院

中居正広は2007年ごろに5日間ほど
盲腸で入院をしています。

最初は「金スマ」の収録中に痛くなり、
「金スマ」の収録を中止し病院に向かうも
検査の途中で気を失ってしまいます。

2日ほど点滴を打ってもらった所
ある程度回復したために外出許可をもらって
「いいとも」や「仰天ニュース」の収録。

そしてまだ病院に戻って夜を過ごし
その次の日に「スマスマ」の収録と中断していた
「金スマ」をの収録をし、2日後前後で退院。

■中居正広の喉の腫瘍摘出手術での入院

中居正広は2014年の初めあたりから
喉に違和感があったと語っています。

そしてついには2015年5月には声がガラガラで、
無理をしても声が出なくなってしまう症状に陥り
検査をした所、喉に腫瘍が発見されました。

中居正広の父親は2015年2月にがんでなくなっていますが
父親も喉頭がんを患っていたこともあり

もし悪性だったら父親と同じく喉頭がんとなっていたこともあり
入院はSMAPのメンバーにも隠しており、
退院してからの発表となります。

 

【スポンサーリンク】

 

■今回はSMAP解散してすぐに入院を…

そして今回、2017年1月中旬に
中居正広は気管支炎と肺炎のために
一週間ほど入院をしていました。

2017年1月24日に放送された
「中居正広のミになる図書館」では
劇団ひとりが代役として登場。
このときは風邪で体調を崩した、とされていましたが

前述の通り、入院中でも中居正広は
収録に出てきていた過去があるために
入院説も広まっていました。

また、TBS「Momm!」の1月30日と2月6日の
放送分の収録もキャンセルされています。

時期的にSMAP解散から間もないわけで
リーダーという立場上色々と複雑な思いをしてますし
心労がたたったのでしょうか。

■おわりに

中居正広は、少なくとも
2007年の盲腸での入院と

2015年の喉の腫瘍摘出手術をうけるための入院と
2017年の肺炎と気管支炎での入院については
いずれも退院してから発表をしています。

中居正広は盲腸での入院したことを明かした際に
手術したら世間に公表するから、
世間に知られるのがなんか嫌で
治るまで言いたくなかったと語っています。

中居正広の入院は退院するまで発覚していません。
今はツイッターとかですぐに情報拡散してしまいますが

入院していた病院は守秘義務守ってるのが
地味に凄いと思いました。
いや、当たり前なのかもしれませんけど。

 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA