中元日芽香(ひめたん)が卒業。理由は体調不良。妹は中元すず香

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

乃木坂46のひめたんこと中元日芽香が卒業を発表しました。
理由は大きな所では体調不良とのこと。

週刊文春の文春砲のタイミングで
体調不良で休養などもあり
文春砲の影響かとヒヤヒヤしていた時期もありましたが
文春砲は結局別メンバーであったという過去も。

また、妹はBABYMETALの
ボーカルSU-METALこと中元すず香。
妹も活躍をしているためプレッシャーが
ある程度あったというのも理由の一つなのかもしれません。
今回は中元日芽香の卒業について見てみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■中元日芽香について

名前:中元日芽香(なかもと ひめか)
愛称:ひめたん
生年月日:1996年4月13日
出身:広島県

中元日芽香は2011年8月に
乃木坂46の第一期生オーディションに合格。

2012年2月にはCDデビューをしたため
2012年3月に母親と妹の中元すず香と共に上京。
2013年11月に乃木坂の7thシングル「バレッタ」で
選抜メンバーに選ばれたので芸能活動に専念。

■中元日芽香と文春砲の騒動

2017年1月28日に週刊文春が文春砲を放送。
乃木坂46の事について発表があるとしており
中元日芽香がその当日に
愛鳥不良による休業が発表されていました。

そのことで中元日芽香が文春砲で
何か報じられるのでは、と思われたものの
実際に文春砲でお泊りが報じられたのは川村真洋。

ちなみに川村真洋の個人PVもその後作られていますが
高評価よりも低評価の数のほうが
4倍近くあり、人気メンバー並の再生回数と言う異様な状態。

文春砲の詳細が報じられるまでは
中元日芽香に何かスキャンダルがあるのかと
冷や冷やしていましたが
中元日芽香ではないとわかると
一転して体調を心配する声が…。
 

【スポンサーリンク】

 

■中元日芽香の卒業理由は体調不良

中元日芽香は前述のように
文春砲の放送日である2017年1月28日に
体調不良のため休養を開始。
2017年4月2日には復帰することをブログで宣言。

どんな体調不良であったかについては
復帰するにあたって踏ん張り時なので
理由を伏せています。

そうして2017年8月6日に公式サイトで卒業発表。
卒業の理由としては体調がすぐれない日が多く
休養の末に元気になって復帰をしたものの
万全な状態ではなく、それが中元日芽香は許せなかったため。

■中元日芽香と妹の中元すず香

中元すず香は2008年には
アニメ「絶対可憐チルドレン」の
主題歌を歌うためのユニット「可憐Girl’s」で
声優、歌手としてデビュー。

2010年には成長期限定ユニット「さくら学園」の
メタルダンスユニット「BABYMETAL」で
SU-METALとして活動を開始。

そんな中元日芽香と中元すず香は
仲が良く、お互いのライブを見に行ったり
服をシェアしたりしているようです。

中元日芽香のブログによると
妹の中元すず香が勝手に服を着ていったという
パターンもあるようですけれど。

また、中元日芽香と中元すず香の
違いがわからないと発言されたことに対して
以下のように語っています。

冗談でもこんなこと言って欲しくない。
レベルが全然ちがう。
SU-METALは私なんかよりもずっと素晴らしいアーティストであり
違いがわからないなんて彼女に失礼です。

■おわりに

中元日芽香は3姉妹で真ん中。
姉は美人で勉強が出来ており、
妹の中元すず香は歌ができる子であったために
自分のことを中途半端だと思ってしまうよう。

体調不良が「大きな理由」としていますが
卒業の理由の一つには妹の中元すず香と
どうしても比較してしまうというのも
少しはあるのでしょうか…。
 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA