中野信子がかつらなのは病気が理由ではなくオンオフのスイッチ!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

日本の脳科学者である中野信子
以前から髪がしっかりとしすぎていて
カツラなのではないか、病気ではないか、と噂されていました。

しかし実は中野信子がカツラを
被っていた理由は別にあったのです。

今回は中野信子が
カツラを被っていた理由についてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■中野信子について

名前:中野信子(なかの のぶこ)
生年:1975年
出身:東京都

中野信子は2008年から2010年に
フランス国立研究所ニューロスピンに
博士研究員として勤務し、2013年からは

東日本国際大学の客員教授として勤務をしている脳科学者。
脳科学に関しての著作も多く作家でもあります。

■中野信子のカツラの理由

中野信子は子供の頃は溶け込めない感じで
友人があまりいなかったという。

しかしその溶け込めない感覚がきっかけで
人間に興味を持つようになりました。

そんな中野信子は実は
聖飢魔IIのデーモン小暮閣下の大ファン。
ヘヴィメタルが好きで髪も金髪にしていて
時期がかなり長かったという。

しかし脳科学者として金髪なのは
イメージ的によろしくないと思い

脳科学者として仕事をするときは
スイッチをオンにするためというのが
病気でもないのにカツラを被っていた理由です。

確かに外見でどうしても第一印象は決まってしまいますしね。
実績がある中野信子でも、もし金髪でしたら
胡散臭いと思って話をまともに聞かないかもしれません。
 

【スポンサーリンク】

 

■中野信子はオフではカツラをする

中野信子は夫とカラオケに行き、
ヘヴィーメタルを熱唱するときなどの
プライベートな時間ではカツラをする理由もないため
金髪で過ごしているという。

しかし2016年4月4日に放送された徹子の部屋では
本当は金髪にしたいが今は黒く染めていると語っていました。

今はもう中野信子はカツラも
使っていないのかもしれません。

■おわりに

ちなみに中野信子は2015年9月に開かれた。
VRでhideのライブには
髪を赤くしていこうと思っていたという。

流石に間に合わなかったため
赤い帽子で代用をしたそうです。

中野信子の髪が突然艶を増したら
病気では無く髪を染めたという可能性が…!

 

【スポンサーリンク】

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA