成宮寛貴はカミングアウトしていなかった!今回の薬物疑惑にも断固抗議

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ドラマ『相棒』の甲斐役で3年間出演した成宮寛貴
2016年12月2日には薬物疑惑がフライデーによりささやかれてしまいました。

しかし以前成宮寛貴がカミングアウトした、というのも
実際はニュアンスが少々違いましたし
今回の薬物についても何か違うような気がします。

今回は成宮寛貴のカミングアウトについてと
薬物疑惑の経緯、そしてそれに対する
成宮寛貴と事務所側の反論について見てみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■成宮寛貴とカミングアウトについて

名前:成宮寛貴(なりみや ひろき)
生年月日:1982年9月14日
出身:東京都

成宮寛貴は幼いころに両親が離婚し
6歳下の弟と共に母親に引き取られ
母子家庭となっていました。

しかし母親も体が強くはなく、
成宮寛貴が14歳の時になくなってしまいます。

そうして祖母の元に身を寄せますが
成宮寛貴は高校に進学せずに働くことを選択。

当初は引っ越し屋などで働いており
そのうち新宿二丁目でも働くようになります。
そうして弟のために学費をためて
弟を大学まで行かせたという。

成宮寛貴は過去に新宿二丁目で
働いていたことは認めています。
しかしそれはあくまで新宿二丁目で働いていたことだけで
カミングアウトをしているわけではないんですね。

働いていたこと自体を否定するのは
自分を否定することになるため
そこだけは譲れなかったようです。

しかしそこの、認めたという部分だけが独り歩きして
成宮寛貴がカミングアウトした、
という噂が広まってしまった経緯があります。

実際に成宮寛貴は彼女がいるという話がありますし
成宮寛貴自身はカミングアウトをしていません。
 

【スポンサーリンク】

 

■成宮寛貴の薬物疑惑と反論

成宮寛貴が薬物疑惑を報じたのは
2016年12月2日のフライデー。

2016年11月9日に成宮寛貴の自宅で
友人二人を誘い酒盛りをしたものの
成宮寛貴が薬を使いだしたという記事でした。

しかしこの記事に対して成宮寛貴と事務所は
事実無根として断固とした措置を取ると
声明を発表しています。

謝罪や訂正の要求をせずに
法的措置を取るという声明を出すのは異例のこと。
この理由として事務所は以下のように説明をしています。

「事前に(フライデーから)問い合わせがあった。
全面否定したものの掲載されたため」

このような手段を取ったのは
同じく「相棒」に出演し薬で逮捕された
益戸育江(高樹沙耶)の件が記憶に新しいからな気もします。

■おわりに

成宮寛貴の薬物疑惑は
カミングアウトについての誤解があるために
素直に本当とは思えないんですよね。

事務所が法的措置を表明したわけですし
真実はいずれ明らかになるとは思いますが…。

しかし相棒13の最終回では成宮寛貴演じる甲斐は
ダークナイトという犯人として出演し
相棒から卒業したんですよね。

かなり炎上した最終回でしたし
その騒動を思い出してしまう。
成宮寛貴は苦労人ですし潔白だと良いのですが…。
 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA