菅野美穂に西田敏行がCMでおめでとうと言ったのがしんみり来る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

西田敏行が骨折、というか
亜脱臼で体を痛めていましたが
手術を受け無事に成功しました。

アウトレイジなどで元気な姿を見ていると
つい忘れがちですけど
西田敏行ももう68なんですよねえ。
さすがに体も弱ってきちゃいますね。

では今回はそんな西田敏行が
菅野美穂と一緒にCMに出演し
おめでとうと言ったことで
話題になっていたことについて見てみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■菅野美穂へ西田敏行がCMでおめでとうと言う

菅野美穂と西田敏行が
サントリーの角ハイボール「缶も。」篇で共演。
その時の流れがこちら。

市ケ谷の釣り堀で西田敏行が歌いながら
ハイボールを開ける。
隣りにいる菅野美穂もハイボールを開けている。
西田敏行「被っちゃった、アタシ」
菅野美穂「あたしも、かぶっちゃいました」
西田敏行「おー、おめでとう」

これ、よく考えると被ったら
何がおめでとうやねんと思う人も多いですよね。

これ、放送当時は2013年4月末。
それで菅野美穂がそのとき丁度
結婚した直後なんです。

2013年3月に菅野美穂は堺雅人と交際し結婚目前。
そして2013年4月2日に婚姻届を提出したんです。

それを踏まえて考えると
このおめでとう、って言うのは

西田敏行がCMで何か役を演じて
「おめでとう」と言ったのではなく
単純に一人の人として
結婚を祝福しておめでとう、と言った感じ。

つまり私の解釈としては
CMではなく日常を切り取ったという感じを
表してるということなんですね。

なので押し付けがましい感じが無く
自然にすっと入ってくるCMなんですよね。
こういうCMは良いなぁ。

お酒が好きじゃなく
ガンガン宣伝してくるようなのは
苦手な人でもこのCMには好印象という人は
私も含めて周りに結構多かったです。
 

【スポンサーリンク】

 

■まとめと感想

■CMは自然体で高評価
■日常のようなCMで好印象

私もこの時期丁度市ケ谷駅使ってましたので
あの釣り堀には凄く見覚えがあります。
とはいっても駅のホームからなので
風景は結構違うんですけども。

電車の中吊り広告とかにも
結構ハイボールの広告あったきがするなぁ。
実際に沿線の風景と
広告の相乗効果を狙ってたりしたのかな、今思うと。

そしてCMを今一度見返してみると
このおめでとうってアドリブだったのかな?
ってちょっと思います。
アドリブとは言わないまでも

西田敏行には伝えられてて
菅野美穂には何も伝えてなかったとか。

被っちゃった、
私もかぶっちゃいました、でも
十分CMとしては伝わります。

そこであえておめでとう、という言葉をいれて
菅野美穂の自然な表情を引き出すとともに
役者と女優としての
西田敏行と菅野美穂ではなく

一人の人間としての
西田敏行と菅野美穂のやりとり
という感じが前面に出て
宣伝っぽさが抜けている…気がします。

 

【スポンサーリンク】

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA