西川きよしの息子(次男)は元俳優で吉本から引退し福岡・博多で店を開いていた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

漫才界の重鎮である西川きよし
妻の西川ヘレン、長男の西川忠志は俳優で
娘の西川かの子もタレントであり、
次男である西川弘志は元俳優で現在は福岡・博多で店を開いている芸能一家。

今回はそんな西川きよしの次男、
西川弘志についてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■西川弘志について

名前:西川弘志(にしかわ ひろし)
本名:西川傑志(にしかわ ひろし)
生年月日:1970年3月1日
出身:大阪府堺市堺区

西川きよしの息子である
西川弘志は1985年に「サーティーン・ボーイ」で
俳優都市でデビューをし、
1988年には「エデンの夏」で歌手としてもデビュー。

1988年に映画「郷愁」に出演して
第13回報知映画賞で新人賞を獲得し俳優として活動。
2005年12月、34歳の頃に吉本興業を退社。

ちなみに1988年にはNHKの朝ドラ
「純ちゃんの応援歌」にも出演をしており
唐沢寿明と共演して今でも仲が良いとのこと。

■西川弘志の引退で西川きよしは…

西川きよしは同じ業界で
働く息子が心配だったようで
西川弘志の引退で心配が一つなくなったと
安心をしたとのこと。
 

【スポンサーリンク】

 

■西川弘志は引退して福岡・博多でお店を経営

西川弘志は吉本興業を退社して
芸能界を引退して
2006年には福岡・博多で
和食店「しゃり番」を開店するものの2008年に閉店。
2008年5月には中央区で和食店「にし川」を経営。

2015年4月には西川弘志は
「明石家さんまの転職DE天職」に出演。

ドラマで活躍していた18歳の頃は
年収が3000万円あったが
仕事が減っていきバイトをするようになり
自分の力だけで生きたいと思い芸能界を引退。

西川きよしの息子というのが
どうしてもついてまわりますしね。

和食店のオーナーとしての
年収は500万で有ることを明かしています。

■おわりに

西川弘志は2004年10月9日に名古屋の
中日劇場で「名古屋大安吉日物語」の
公演をしていましたが

西川弘志が数年前に友人の紹介で知り合い、
西川弘志の舞台を見に来た知人の男性が
連れである大学時代の同級生の男にさされて
なくなってしまうという事件がありました。

そんな事件があった翌年に芸能界を引退しているので
直接語られてはいませんが、
引退を決めた一因ではあるのかもしれません。

西川きよしが息子の芸能界引退で安心したというのも
別の意味が浮かんでくる気もちょっとします。
 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA