小倉由美は北斗晶の首を一撃し、現在引退して天ぷら屋・天富久へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

1987年にタッグ戦で北斗晶の首を
骨折させてしまった女子プロレスの小倉由美

現在は引退をして結婚し、天ぷら屋の
天富久の旦那と結婚をして共に経営をしています。

今回はそんな元女子プロレス選手
小倉由美の現在についてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■小倉由美について

名前:小倉由美(おぐら ゆみ)
生年月日:1967年9月2日

小倉由美は1983年にデビュー。
160cmと小柄なものの
元WWWwwA世界タッグ王者。

1990年には同期のブル中野と
5分エキシビジョンで引退試合を行って
引退をしています。

■小倉由美と北斗晶

小倉由美と北斗晶は1987年4月に
WWWA世界タッグ王座の防衛戦で対戦しています。

北斗晶・堀田祐美子が防衛側で
小倉由美・永堀一恵が挑戦者側。

小倉由美が北斗晶(当時のリングネームは宇野久子)に
ツームストン・パイルドライバーを仕掛け
北斗晶は首を骨折という重症に。

骨折した部はが頚椎の周りの部分であり
数ヶ月ベッドに寝たきりで
首を動かせない状態だったという。

小倉由美は首を骨折させようと思っていたわけではなく
もしものことがあったら
私も生きてはいられないと覚悟をしていました。
 

【スポンサーリンク】

 

■小倉由美の現在

小倉由美は1990年に女子プロレスを引退し
居酒屋で働いていました。
そのときに2歳年下の旦那と知り合い、35歳の時に結婚。

そうして小倉由美と結婚した旦那は
2014年11月に放送されたフジテレビの番組
「ぶらぶらサタデー有吉くんの正直さんぽ」
でも紹介された創業55年の天ぷらや・天冨久の二代目。

現在は小倉由美も旦那と共に
天ぷらやを切り盛りしており、
子どもも娘2人、息子1人と合計3人いるようです。

また、小倉由美は2016年12月には
東京・新木場1stRINGで行われた「極悪×暴走興行」に

永友香奈子とともに昭和58年組として
現役時代に得意としていたレッグボンバーを
現役組に炸裂させるなど女子プロレスにも
限定的に出演をしています。

■おわりに

現在も格闘技界隈では負傷者がかなりでていますが
いまから30年前、1987年にも
小倉由美と北斗晶の間で
首の骨折という重傷はあったんですよね。

お互いに怪我を負わせること、
怪我をしてしまうことは覚悟していたでしょうけれど
首の骨だとお互い気が気じゃなかっただろうなぁ…。
 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA