大森玲子がキス写真などスキャンダルで引退…現在はタトゥー除去をして…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

清純派アイドルとして芸能界デビューを飾った大森玲子
しかしそのイメージに反するキス写真などの
流出スキャンダルでイメージが大きく損なわれ
ホリプロを解雇され、事実上の引退。

現在はアーティストとして活動した際にいれた
タトゥーの除去手術などをして、
再度大きな舞台に立ちました。

今回はそんな大森玲子のキス写真という
スキャンダルの経緯と
タトゥーを入れた経緯などについて見てみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■大森玲子について

名前:大森玲子(おおもり れいこ)
生年月日:1984年3月21日
出身:北海道函館市

大森玲子は1996年の
第21回ホリプロタレントスカウトキャラバンで
ピュアガール賞を受賞。

その名の通り清純派アイドルとして期待をされて
優香や深田恭子らと肩を並べるトップアイドルでした。

1998年にはその特徴的であるアニメ声を活かして
TVアニメ「魔法のステージファンシーララ」の
ヒロイン役を声優としてつとめ、

同アニメのオープニングテーマ
「La La La 〜くちびるに願いをこめて〜」で
歌手デビューも果たしマルチに活動をしていました。

しかし2003年にキス写真などのスキャンダルで
清純派のイメージが損なわれて仕事が激減。
2004年12月にホリプロとの契約が終了してしまいます。
 

【スポンサーリンク】

 

■大森玲子のキス写真スキャンダルの経緯

大森玲子は12歳の頃にホリプロスカウトキャラバンで
デビューをしましたが
16歳の頃に友人から男性を紹介され
事務所には内緒で交際を続けていました。

そのときにキス写真が撮られており、
大森玲子が彼氏と別れた2年後に
彼氏が週刊誌にキス写真を100万円で売ったという。

そうして大森玲子のプライベートが注目され
ヤンキーであった過去が暴かれてしまいました。
 

【スポンサーリンク】

 

■大森玲子のタトゥー

タトゥーはそんなヤンキー時代に
いれたというものではなく
2004年にホリプロを事実上解雇された後に

芸能界にもう一度立とうとして
相原玲と改名し、バンド活動を開始。

そのときに目立ちたいという思いで
腕に約30cmもの大きさのタトゥーをいれてしまいます。

しかし大森玲子はタトゥーを入れたことによって
様々な場所に入ることができなくなったり

世間の目が厳しいことを実感して萎縮してしまったり
なかなか仕事が見つからなかったりと
不便さを感じるように。

そうして大森玲子はタトゥーの除去手術を
2014年から行っています。

■おわりに

そうして芸能界への再起を図る大森玲子ですが
実は2016年12月13日に
東京・品川ステラボールで開催された
「ホリNS火曜祭2016」に大森玲子がゲストとして登場。

大森玲子はホリプロに事実上の解雇をされたものの
キス写真などスキャンダルがあっても
すぐには契約解除をしないなど
かなり寛大だったようですし

いまでも大森玲子とホリプロとの関係性は
かなり良好なようですね。

タトゥーが完全に消えているのなら
大森玲子の再デビューはあり得るのかもしれません。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA