大向美智子の旦那・江村行正はバンドの元ボーカリストで御曹司!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

元女子プロレスラーで
現在はセラピストの大向美智子

実は結婚した旦那の江村行正は
ビジュアル系ロックバンドの元ボーカリスト。

今回はそんな大向美智子と
旦那の江村行正について見てみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■大向美智子について

名前:大向美智子(おおむかい みちこ)
生年月日:1975年5月30日
出身:岩手県

大向美智子は1991年の中学卒業と同時に
全日本女子プロレスの
新人オーディションを受けて合格。

1992年にデビュー戦をしていますが
2007年8月には結婚することと
引退を発表しています。

引退後は山口市に移住して
現在はスピリチュアルセラピストとして
活動をしています。

■大向美智子の旦那はバンドマン

大向美智子の旦那はビジュアル系ロックバンドの
元ボーカリストであるMこと江村行正。

バンド名は「J+Jenius」。
その後ソロとなり、「宿イラズ」にも
参加をしていましたが
結婚を機に旦那は音楽活動は引退しています。

そして大向美智子の旦那、江村行正は
実は山口県屈指のアパレル企業である「エムラ」の
創業者一族の御曹司。

現在は子会社の専務として働いており
山口県各地のシティーホテルで
「エムラ」単独のイベントを開催もするなど
やりての実業家。

そのために大向美智子は結婚した後は
山口市に移住したということになります。
 

【スポンサーリンク】

 

■おわりに

江村行正はソロ活動をしていた時に
音楽活動と家庭の事情で揺れていて
不安定な時期が続いていたという。

そんな中、音楽活動を続けていきたいという
江村行正の背中を押したのが大向美智子だと
旦那の江村行正が語っています。

実は結婚後の2008年2月15日にも
江村行正は公式ブログで
宿イラズに行ってくる、と書いており
結婚後にも音楽活動は続けていたようです。

しかしそれが最後の更新であり
2008年12月5日には大向美智子と江村行正の間に
第一子が誕生をしています。

期間を考えると、結婚したために
バンドを辞めたというよりは
子供が出来たためにバンドをやめたというのが
正しいのかもしれません。

結婚報告のブログでは
二兎を追う生活をしていきたい、と
言っていましたが子供は何よりも大事だと
思ったためにバンドをやめたというのが
一番しっくりきます。

もしくは創業者一族の御曹司なので
子供が出来るまではバンドを続けていきたい、と
約束があったのかもしれませんね。

 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA