大島康徳がガン告白…息子大島雅斗(ケンモッカ)は芸人でアイドル好き

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

元日本ハム監督の大島康徳
2017年2月にがん告白をしています。
既にステージ4の大腸がんで有ることを明かしていますが

仕事においてもプライベートにおいても
今まで通りに接して欲しいということでガン告白をしたようです。

そしてそんな大島康徳の息子は大島雅斗であり
よしもと所属のお笑いコンビ
「ケンモッカ」として活動をしています

実は既にテレビデビューをしていますが
なかなかに強烈なキャラ。

今回はそんな大島康徳のガン告白についてと
息子、ケンモッカの大島雅斗について見てみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■大島康徳のガン告白

大島康徳がガン告白をしたのは
2017年2月7日、公式ブログでのこと。

2016年10月下旬に大腸がんで
肝臓に転移をしておりステージが4であることを明かしました。

経緯としては2016年10月に嫁から
痩せ方が気になると言われたため。
そうして病院で検査を受けて欲しいと言われたものの
大島康徳は病院嫌い。

仕事に集中したかったこともありケンカになるも
嫁は引き下がらずに血液検査だけは
して欲しいと言われ大島康徳は了承。

血液検査をした所数値に異常が出て精密検査へ。
2016年10月26日に大腸がんで
転移があり、ステージ4である事を告知されます。

実は大島康徳の兄は29歳で白血病でなくなっていて
父親も膵臓がんでなくなっています。
また、嫁も32歳で子宮がんになり定期的に検診を受けています。

そのため自分がガンであると発覚しても
手術も治療もしないと決めていました。

しかし医者と嫁の強い説得で
腸閉塞を起こす前に大腸の手術だけはするべきと言われ
11月に手術を受けたという。

そして2017年2月7日、ガン告白をした日に
現在入院中で三回目の
抗がん剤治療中であることを明かし
翌日の2017年2月8日には退院をしています。
 

【スポンサーリンク】

 

■大島康徳の息子

大島康徳の息子、
大島雅斗は大のアイドル好き。
芸人を目指して大坂NSCに入った37期生。

何故わざわざ実家のある東京ではなく
大阪NSCにいったかというとNMB48に近づくため。
実は芸人になったのはNMB48と結婚するためであり
大島雅斗の最終目標はあくまでもNMBとの結婚。

そうして2015年時点で大島雅斗は
月収が12,3万円であるものの
月に12万円はNMBのCD購入費用に当てているという。

もちろんお金は足りないため
公共機関に借りてまで生活をしているとのこと。

大島康徳は息子・大島雅斗が
お笑いの道に進むのも元々反対。
どうしてもと言うならNMBオタクをやめるということが
条件であったにもかかわらず

大島雅斗はNMBと結婚するためにお笑いの道に入ったわけで
CDも大量に購入しているため
大島雅斗がその事を大島康徳に伝えると当然激怒。

■おわりに

しかしそんなケンモッカの大島雅斗も
大島康徳ががん告白してからは
結婚も仕事もしっかり頑張って安心させたいと語っており

大島雅斗のツイッターで父親の動画を投稿したりと
現在の仲は良好なようです。

しかしNMBと結婚したいというのなら
それこそ芸人より野球選手になったほうが
確率としては高いような気もします。
 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA