桜沢エリカの旦那、青木武紀は元DJの専業主夫で子供をしっかり育てていた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

人気漫画家である桜沢エリカが活躍しているのは
元DJの旦那、青木武紀が専業主夫として
支えているというのが大きな理由の一つ。

今回はそんな桜沢エリカと
旦那の青木武紀と子どもたちについてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■桜沢エリカについて

名前:桜沢エリカ(さくらざわ えりか)
生年月日:1963年7月8日
出身:東京都

桜沢エリカは高校の頃にサブカルブームにはまり
自動販売機でしか売っていないような本を
買いたくなったものの
大変なために出版社に直談判。

そうするとリアル少女がやってきたと珍しがられ
素人で高校生であるものの
「何か書いてみない?」と言われ

それがきっかけで漫画家になったという異色の経歴。
そのため桜沢エリカは漫画賞などには
一度も応募をしていません。

そうして19歳の頃から仕事をしていたので
どこにきっかけが転がっているか
わからない時代でもあったようです。
 

【スポンサーリンク】

 

■青木武紀について

名前:青木武紀
生年:1968年
出身:長野県

青木武紀は元々西麻布のクラブ店長兼DJ。
桜沢エリカと5年間同棲をしていて
1999年の夏に桜沢エリカの長男妊娠が発覚。

そこで桜沢エリカはDJとして
働いている青木武紀に子供が出来たこと電話で告げ、

仕事から帰ってきた青木武紀がちょうど仕事が節目で
会社をやめようか迷っていたため、桜沢エリカは
「それならDJを辞めて家事をしたらいい」と告げると
青木武紀は子育てに関われるチャンスだとして即答。

実はもともと青木武紀は子供がほしいと言っていましたが
桜沢エリカは産むのはできるけど
仕事が忙しいのと子供に当時は苦手意識をもっていたので
育てるのは無理だというやりとりをしていました。

また、長男が生まれてから生後6ヶ月程度の時点では
青木武紀は西麻布「MUSE」で
金曜日と土曜日はDJをしていて
平日に主夫業をするという形だったようです。
 

【スポンサーリンク】

 

■桜沢エリカと青木武紀の子供

桜沢エリカと青木武紀の子供は
2017年春の時点で
長男・美龍(びりゅう)は高校三年生
長女・美魅(みみ)は中学三年生。

家のことは本当に青木武紀がしていて
食事やお風呂の支度はもちろん、

朝の五時半に起きて子供の弁当を作ったり
幼稚園に送っていき
更には小学校時代にはPTA役員までしていたという。

青木武紀はもともと子供が好きであったわけですし
桜沢エリカに対する尊敬があったため
うまくいったのかもしれません。

■おわりに

そんな桜沢エリカの旦那の青木武紀ですが
2017年の春で子供ももう高校3年生と中学3年生と
手がかからない年齢になっています。

そうして青木武紀は2016年6月にはブログで
最近の土曜日は子供も桜沢エリカも
何かしら用事があって1人で過ごすことが増えたという。

その事に開放感を覚えるのではなく
寂しいと表現する専業主夫っぷり。
子供が完璧に巣立ったらDJとしての復活もあるのでしょうか。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA