明石家さんまとニッポン放送の確執と雪解け。ニッポン放送は伊集院光とも…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

確執があり、明石家さんまが長い間出演をしていなかったニッポン放送。
2017年4月にはニッポン放送のラジオ番組に
明石家さんまが出演しており、雪解けの兆しを見せています。

そして2017年8月にもまたまたラジオで
約4時間のラジオに再登板。
そんなニッポン放送は実は伊集院光とも
確執があったりと色々な意味で尖っています。

今回は明石家さんまとニッポン放送の確執と
伊集院光との確執についても見てみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■明石家さんまとニッポン放送の確執

明石家さんまとニッポン放送の確執については
1988年3月の「明石家さんまのラジオが来たゾ!東京めぐりブンブン大放送」
終了以降、2017年4月まで
ゲスト出演はいくつかあったものの

明石家さんまがメインとなる冠番組は無く、
29年間もの間確執があったことに。

その確執の理由については
2017年4月17日のニッポン放送のラジオ番組
「君に耳キュン!雪どけ春の大作戦 明石家さんま オールニッポン お寝顔!リクエスト」
の約4時間に及ぶ生放送で語っています。

明石家さんまがラジオで語った確執の理由については
ニッポン放送から野球の中継に出てほしいと言われ
スケジュールの都合で断ったものの、
大阪のレギュラーラジオ番組「ヤングタウン」の
スタジオまでスタッフの人が来てお願いされたので

生放送は無理だけど録画なら、ということで
明石家さんまが折れて野球の話を録音したものの

ニッポン放送は明石家さんまのコメントをうまく編集し
まるで生放送でやっているような形で
野球中継に差し込んだので
裏切られたと思って不信感を持ち辞めたと語っています。
 

【スポンサーリンク】

 

■明石家さんまとニッポン放送の確執と雪解け

そうして前述のように2017年4月には
明石家さんまはニッポン放送に
29年ぶりに冠番組で復帰。

そこでは今はニッポン放送との確執の真相は
明石家さんまがニッポン放送に不信感を
勝手にもってしまったことが原因だとしています。

大阪まできての熱心な説得自体は
本当にありがたい話だと語ってもいますし
単純に明石家さんまがラジオを辞めたので
ニッポン放送もさすがにオファーを出せなかった、というのが
本当のところなのかもしれません。

■伊集院光とニッポン放送の確執

実は伊集院光もニッポン放送とは確執があり
ニッポン放送に長い間出入りしていなかった事を明かしています。

伊集院光が初めてニッポン放送で
生放送を開始する時に
当時の構成部長で現在は
ニッポン放送プロジェクト代表取締役社長の宮本幸一が
酔っ払った状態でやってきて

伊集院光の頭を掴んで匂いを嗅ぐと
「売れるニオイがしない」と言ったという。
このことが原因で伊集院光はニッポン放送をやめ

見返してやるという思いとニッポン放送には
頼まれたっていくかと確執が。

しかし2014年にはニッポン放送60周年記念番組の
出演依頼があり、記念だしもういいかと思い
10年ぶりにニッポン放送に訪れると宮本幸一と再開。

そして前述の「売れるニオイがしない」と
いったデマがwikiに書いてあるんだけどと
伊集院光に言い放ったので、伊集院光は100%本当のことだよ!と
ラジオ番組で語っていました。

そして伊集院光は暫くTBSにいると語り
ニッポン放送にはまた暫く出演しない方針のよう。

■おわりに

伊集院光と確執の原因となった
宮本幸一は現在ニッポン放送を退社し
ニッポン放送プロジェクトの社長となっています。

そのことを考えると伊集院光と
ニッポン放送との確執の雪どけも実は近いのかも…?
ある意味では見返してやろうという原動力が
伊集院光を大ヒットさせた、と言えなくもないですし。

明石家さんまとニッポン放送との
29年間の確執もなくなったわけで、
伊集院光とも雪解けしたら話題性は抜群ですよね。
 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA