佐々木蔵之介の実家が凄い!兄弟もユニークな性格で文才有り!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

実家が造り酒屋で元々は後を継ぐ予定だったという
経歴がユニークな佐々木蔵之介

今回はそんな佐々木蔵之介の実家や
兄と弟についてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■佐々木蔵之介について

名前:佐々木蔵之介(ささき くらのすけ)
本名:佐々木秀明
生年月日:1968年2月4日
出身:京都
職業:俳優

実家は京都市の造り酒屋の佐々木酒造の次男として生まれ
東京農業大学農学部に進学し、
三年には神戸大学農学部に編入学。

そして大学ではバイオテクノロジー、
酒米の研究をするほどでした。

大学では劇団「惑星ピスタチオ」の旗揚げをし
1998年の退団まで看板俳優として
すべての作品に出演。

1992年に大学を卒業してからは広告代理店に入社して
劇団活動と両立するものの退社し
劇団活動に専念。

退団してからは上京してドラマや映画など
活動の幅を広げています。

■佐々木蔵之介の実家

佐々木蔵之介の実家は
京都市の造り酒屋、佐々木酒造。
場所はこちら。

従業員はネコを含んで18名。
これはシャレでもなんでもなく
酒造などの製造元では原料をネズミなどが好むため
その対策として猫が飼われることがとても多かったという。

スコットランド地方などでは
ウィスキーキャットという名前で愛されてもいますね。
とはいえ最近ではネズミよりは良いとはいえ
衛生上の問題があるのでは、ということで少なくなってはいますが。

そんな佐々木蔵之介の実家の佐々木酒造は
実は室町中期には日本最大の酒処であった洛中から続き
現代まで残っている由緒正しい酒蔵なんです。
 

【スポンサーリンク】

 

■佐々木蔵之介の兄

佐々木蔵之介の兄は東大出身。
しかし飲んで無くなるものを造るのを嫌い
建築の道に進んでいます。

■佐々木蔵之介の弟、佐々木晃

名前:佐々木晃(ささき あきら)
生年:1970年

佐々木蔵之介が元々は実家の佐々木酒造を
継ぐ予定だったのに
突然俳優になると言ってあとを継ぐことになった
佐々木蔵之介の弟の佐々木昴。

仏教大学文学部中国文学科を卒業したものの
佐々木蔵之介が俳優になったために
嫌々ながら実家を継ぐことになったという。

25歳の時に産業期間販売会社を退職して
実家の佐々木酒造に入社。

最初は佐々木蔵之介が俳優の道を諦めて戻ってくると思い
留守番程度の気持ちで家業についていたという。

しかし家業を守るために販路拡大のため
営業職だった経験を活かして営業に走り回り
オリジナル商品や和菓子などを生み出していっています。
そして40歳の頃には代表取締役に。

■おわりに

佐々木蔵之介はもともとは実家を継ぐ気があったために
実家を継がなかったとはいえ家族仲は良いという。

佐々木蔵之介という芸名も
佐々木蔵之介が芸名を悩んでいた所
父親が実家の職業などから考え命名したという。

演劇を選んだのも元々人前に経つのが苦にならないようにであり
広告代理店への就職も販売戦略などを学ぶためで
実家を継ぐのが前提の選択でした。

そのため最初こそ俳優になるのを反対されたものの
CMで父親と共演したりして
現在ではすでに認められています。

 

【スポンサーリンク】

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA