島田洋七はしくじりまくりを活かして現在は講演をしている!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

B&Bで漫才ブームを引っ張ってきた島田洋七。
『佐賀のがばいばあちゃん』などの書物も大ヒットしましたが
しくじり具合が本当に凄い。

今回はそのしくじり具合についてと
現在の活動である講演についてみてみましょう!


 

【スポンサーリンク】

 

■島田洋七のしくじり具合

佐賀のがばいしくじり先生である島田洋七は
まずはしくじりを列挙すると以下のとおり。

事務所移籍4回
コンビ解散6回
副業失敗8回
選挙落選

こう見ると凄いしくじり具合。
ではそれぞれのしくじりについて見てみましょう。

■事務所移籍

まずは1970年に吉本興業に所属。
B&Bを結成して漫才師として成功。
大阪で高い評価を受けたものの
東京に出たいという思いが強くなり

周囲の反対を押し切って東京へ。
そして吉本興業からマネジメント契約を解除されます。

1979年には戸崎事務所に移籍。
しかしひょうきん族ではビートたけしと
明石家さんまの脇に回ってしまい人気が下降し1983年にB&B解散。
その後長期休養をして、芸能活動を一時休止。

1996年には吉本興業に頭を下げて復帰し、B&Bも再開します。
しかし2007年には吉本興業を再度離席。
『がばいばあちゃん』関連の収益での考え方の相違のためでした。

そして個人事務所の「島田オフィス」を設立し
講演会を中心に仕事を行ってきました。
その後に2012年8月にはオスカープロモーション所属。

このように、島田オフィスからオスカー以外の
4回の事務所移籍にはだいたいしくじりがあります。

簡単にまとめると以下のとおり。

一回目:吉本→戸崎事務所。
東京行きを反対されつつも強行したため。

二回目:戸崎事務所→(休養)→吉本
B&Bを解散したため。

三回目:吉本→島田オフィス
がばいばあちゃん関連の収益の一部を
吉本に入れて欲しいという要求を拒否したため。

四回目:島田オフィス→オスカープロモーション
美女が多いため移籍を決意。
ここは特にしくじりはなし。

■コンビ解散について

一回目の解散は初代B&B。
島田洋七と萩原芳樹(団純一)です。
萩原芳樹がはな寛太・いま寛大の舞台を見て
自信を喪失してしまい失踪し消滅

二回目は2代目B&B。
島田洋七と上片よしお。
東京進出したい島田洋七と否定派の上片よしおとの考え方の違いと
楽器を持てという強要から大げんかになり解散

三回目は三代目B&B。
島田洋七と島田洋八。
人気のため多忙になりネタを考える時間がなくなってしまい
飽きられてしまい人気が急降下し解散。

四回目はスティング。
島田洋七と国分健二で結成。
テレビにあまり出ることがなく、B&Bと解明するもののそのまま解散。

五回目は三代目B&Bの再結成。
しかしまた解散。

六回目は三代目B&Bの再々結成。
このときに吉本興業に復帰。
しかし前述のとおり吉本興業と
がばいばあちゃんの収益の考え方に相違があり解散。
 

【スポンサーリンク】

 

■副業失敗について

副業についてはいろいろと多くありますね。
例えば、島田洋七の母は広島でお好み焼き屋を営んでいましたが
東京にお好み焼き屋をプレゼント。

そして新宿や渋谷・原宿など一等地に最大6店舗展開しましたが
母親の要求で全て閉店。
他にも佐賀のがばいばあちゃんが最初は売れなかったなど
数々の失敗談が。

■選挙の落選

1995年第17回参議院議員通常選挙に
埼玉県選挙区から出馬。
昔の仲間の応援があったものの

何故か高速道路で演説したり他県で演説したりで落選。
しかしおかげで新潟県で2票入ったという。

■現在は講演会を主にしている

オスカーに移籍しても現在の
主な仕事は講演会が多いよう。
確かにすごい人生を送っていますから
中身の凄く濃い講演になってそうですよね。

実際に2016年2月には相模女子大学で神奈川県知事と講演会をしたり
2016年7月に島根県で地域住民の心と体の
健康づくりを支援する講演会に招かれたりと
全国の講演会を回っているそう。

こういう講演会ってテレビには出ないものの
かなりの収入になりますよね。

さすがに全盛期のように
一時間喋って700-800万とは
いかないとは思いますが。

■おわりに

ちなみにコンビ解散は自然消滅をのぞいたり
期間限定のを含めると多少増減します。

確かにこうしてみると
島田洋七は深く考えずに
その場の思いつきで行動してるような感じがします。

確かに20で嫁と駆け落ちをしたり
かなり行動力がある感じ。

しかしその行動力のおかげで
成功があり、しくじりをしても
何度でも復活しているから凄い。

やはり結局のところ深く考えずに
とりあえず行動するのが良い気がしますね。
その上である程度は人の助言を聞くのがベストなんでしょうけども。

 

【スポンサーリンク】

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA