篠原梨菜(ミス東大)がめざましファミリーへ!中学・高校時代が凄い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

フジテレビの情報番組「めざましどようび」に
ミス東大の篠原梨菜が加わることになりました。

今回はそんな篠原梨菜の中学や
高校時代などプロフィールについて見てみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■篠原梨菜について

名前:篠原梨菜(しのはら りな)
生年月日:1996年10月29日
出身:神奈川県

篠原梨菜は川崎市立高津中学校、
国立東京学芸大学附属高校出身で
現在は東京大学教養学部文科三類に在学中の2年生。

2016年度にミス東大となり、
2017年4月からは法学部に進学をします。

■篠原梨菜の中学時代

篠原梨菜は2012年の中学3年生の頃に
全国の小中学生を対象とした、
自由研究のコンテストに初挑戦をして

半年かけた「シャトルの羽はなぜ必要?」という論文で
文部科学大臣賞を受賞しています。

もともと篠原梨菜はバドミントン部であり
論文のタイトル通り、
シャトルの羽根が何故必要なのか実験を重ね

羽根の構成がバドミントン特有の
コントロールとスピードを
生み出していることを検証していました。
 

【スポンサーリンク】

 

■篠原梨菜の高校時代

篠原梨菜は元々母親の影響で
村上春樹や太宰治、夏目漱石など

多くの本を読んでおり将来の夢は作家になることで
どちらかというと文系で
理数系は得意ではなかったものの
前述の中学時代の検証などで視野が広がります。

そうして篠原梨菜は
東京学芸大学附属高校に通っていたために
まわりに東大を受ける人が多かったのと

自分も理系の人と一緒に勉強して
視野を広げたいという思いがあり東大を受けることに。

2016年7月の時点でも篠原梨菜は
文章を書く仕事につけたら、
という思いがあるようです。

ちなみに篠原梨菜は
ミス東大に参加した時に
一番疲れたエピソードとして
高校時代のマラソン大会だと語っています。

中学時代はバドミントン部であったものの
持久力は無いのかもしれません。

■おわりに

篠原梨菜は2017年度からは法学部に進学をしますが
「めざましどようび」で土曜日のお天気キャスターとなり
「めざましアクア」でも木・金の
天気を担当するようです。

ミス東大・篠原梨菜は学業と芸能界を
両立するということになるようですが
芸能界は中学からの夢であった
文章を書く仕事の足がかりなのかもしれません。
 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA