インディアンス田渕が明るすぎる!?バッジは母親からの…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

次にブレイクする芸人と言われている
インディアンス田渕

今回は個性が強くとても明るいために
西のザキヤマとまで呼ばれる
インディアンス田淵について見てみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■インディアンス田淵について

名前:田渕章裕(たぶち あきひろ)
生年月日:1985年6月2日
出身:兵庫県たつの市

吉本のお笑いコンビであるインディアンス。
インディアンス田淵はボケ担当。
相方は木村亮介でふたりとも大阪NSC31期生で同期です。
木村亮介が田淵に声をかけてコンビが成立しました。

インディアンス田淵が芸人を目指したのは
中学生の頃にダウンタウンにあこがれて。

また、インディアンス田淵が
いつもつけているひまわりのコサージュは
上京する前に母親が作ってくれた手作りの一品。

「僕のトレードマークです。
明るくて大好きな花で、ステージに立つときは必ず着けています」

ツイッターも背景はひまわりで
インディアンス田淵の明るい芸風にとてもマッチしています。
 

【スポンサーリンク】

 

■インディアンス田淵の快進撃の理由

インディアンスは2016年4月に
大阪から東京に拠点を移したばかり。

しかし2016年9月9日にはインディアンスは
ルミネtheよしもと単独ライブをするなど快進撃を続けています。

そのきっかけはインディアンスが
ゲストで出たライブの打ち上げに
ルミネtheよしもとの支配人が来ており

その時に社員が支配人が酔っ払ってるから
単独やらせて下さいってお願いしてきなよ、と囃し立てられ
実際にその通りにしてみたら本当に実現しました。
流れとしては以下のような感じだったそう。

「支配人~♡ 単独やりたいんですけどぉ~!」
「やろう! いいよ、いいよ! やっちゃおう!」

-後日-

「変な約束しちゃったよね」
(断られてもしょうがないな)
「話詰めといて」
(ええんかい!! 良かったんかい!!)

インディアンス田淵は
チャンスをモノにする力がありますね。
とにかく明るいため、ぐいぐい人を引きつける魅力があります

■おわりに

インディアンスは現在はどちらかというと
コンビというよりも
明るいという個性のあるインディアンス田淵という
名前の印象のほうが強いかもしれません。

しかし2016年5月のインタビューでは、
もし先に自分だけが売れたら、という質問に対して
インディアンス田淵は以下のように語っています。

「まずは頑張って名前を売って、そして2人で
M-1グランプリの決勝に残り、
多くの人に僕らのパフォーマンスを見てほしいですね」

インディアンス田淵はツイッターでも
「!」をとにかく凄く使っていて
文章だけでも明るいというのがわかりやすい。

わかりやすい個性を持つインディアンス田淵が売れ、
そしてインディアンスというコンビ名が売れて
2人でブレイクする日も遠くはない…!?

 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA