平愛梨の弟、平慶翔が都議選に出馬!小池新党から出馬の理由が凄い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

平愛梨の弟である平慶翔が
小池百合子都知事の新党「都民ファーストの会」から
2017年7月の都議選で出馬を表明していることが
明らかになりました。

今回はそんな平愛梨の弟、平慶翔についてと
平慶翔が何故小池新党から
都議選に出馬することを決めたのか。

そして小池百合子都知事と対決姿勢を取っている
自民党東京都連との関係についても見てみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■平慶翔について

名前:平慶翔(たいら けいしょう)
生年月日:1987年8月6日
出身:兵庫県神戸市

平慶翔は元俳優で
金八先生の第七シリーズに出演をしています。
また、2001年のミュージカル映画
「スターライト」にも出演。

大学に入ってからは俳優としての活動はしておらず、
割りと最近である2016年8月までは
自民党東京都連の下村博文会長の
公設第一秘書であったという経歴も。

現在のところは学歴などが不明であるので
平愛梨の弟、平慶翔という
知名度先行型といった感じ。
 

【スポンサーリンク】

 

■平慶翔が小池新党から都議選に出馬をする理由

平慶翔は2016年8月まで
小池百合子都知事とは対決姿勢をとっている
自民党東京都連の下村博文会長の
公設第一秘書であるため

一体どのような理由で小池百合子の
「都民ファーストの会」から都議選に
出馬するのか気になりましたがそのことについては
2016年7月の都知事選が大きな理由であったようです。

2016年7月には小池百合子が出馬した時に
平慶翔の地元でも何故都連は
小池百合子を推さないのかと不満の声が多かったという。

そうして平慶翔も組織の一員として
自民党推薦候補の増田寛也を応援したものの

有権者は圧倒的に小池百合子を支持しているのに
都連の上層部が決めた候補者を
応援しなければいけないというところに
有権者不在であるということを感じたため。
 

【スポンサーリンク】

 

■平慶翔ら小池新党と東京都連の対決姿勢

そうして平慶翔は都議選に出馬をしますが
なんと下村博文のお膝元である板橋区で出馬をします。

元公設秘書の平慶翔を
都民ファーストの会が擁立したことに
下村博文は強い不快感を示し
怨念の戦いのような構図をつくるのはいかがなものかと指摘。

東京都連は例年よりも
一ヶ月早い2017年4月3日に
都議選の選挙対策本部を立ち上げており
明確な対決姿勢は出ると表明。

そして2017年4月6日には
豊洲早期移転を公約に掲げるなど
小池百合子都知事への対決姿勢を明確にしています。

■おわりに

現在の所は平慶翔は都議選に出馬すると
知名度という点で圧倒的に有利な気がします。

平愛梨と長友佑都の結婚は
かなりインパクトの強い出来事でしたし
その恩恵は平慶翔にもありそう。

有権者不在の姿勢に疑問を感じたという点で
有権者のことを考えてくれていそうではありますが
もう少し詳しく平慶翔が
どのような考えであるかを知りたい所。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA