高樹沙耶が逮捕!現在まで石垣島で宿を経営し同居していた男性もいたが…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

元女優の高樹沙耶(本名は益戸育江)がついに逮捕されました。
男性四人と同居生活をしており、
もともと事実婚の相手であるとされた人物の他にも
元参議院議員もいるという。

今回は高樹沙耶の逮捕の経緯と
石垣島の宿について見てみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■高樹沙耶の逮捕について

高樹沙耶は2007年の千葉県南房総市に住み
その時点からエコに着目した生活をしていました。

自給自足で生活をしており、
その時に女性自身の取材に以下のように答えています。

「下着は天然の麻や絹で作った“ふんどし”を身に着けているんですよ(中略)
もう超快適!何というか、ふだんの下着みたいに締め付けられなくて、
フワッと包まれる感じがして」

この時点ですでに麻に対してこだわりがあったよう。

そして2011年に高樹沙耶は石垣島に移住をしています。
そして土地を購入し、コテージ「虹の豆」を経営。

その後は2016年7月には参院選に出馬をして
医療用○麻の解禁を訴えたものの落選をしています。
この時に目をつけられたのかもしれませんね。
過去に海外で使用をしていたと公言していますし。

そして2016年10月25日、石垣島の自宅で
同居していた男性のうち2人と現行犯で逮捕されました。
 

【スポンサーリンク】

 

■高樹沙耶の経営していた石垣島の宿

高樹沙耶が経営していた石垣島のコテージは
「虹の豆 浮世離れ」と言います。

facebookも逮捕の前日に更新しており
急な逮捕であったことが伺えます。

石垣島のコテージは、ジャワ島から古民家を移築した施設で
一棟コテージ貸しの形式をとっています。
石鹸やシャンプーの使用は不可。
利用規約に署名必須など、自然を守ることに配慮しています。

■おわりに

高樹沙耶は参院選で医療用大麻の解禁を目指す動きをしていたので
石垣島がそのような島であると見られてしまう、と
一部住民は反発していたようです。

そして危惧していた、高樹沙耶の逮捕という事態が
起こってしまったということに…

実は高樹沙耶は石垣島に移住してから
南房総市に戻ろうとしたことがあります。

しかしその時に同棲をしていた
医療用○麻の合法化を目指す団体
「○麻草検証委員会」の代表と共に
南房総市の有力者に挨拶にいったものの機嫌を損ねてしまい
千葉の土地に二度と足を踏み入れるなと追い返された過去があったという。

虹の豆では男性四人と同居していた高樹沙耶。
今回逮捕されたのは高樹沙耶と男性二人。

残りの2人についてもどうしても疑いがかかってしまいそうですが
今後どうなるかについて注目されますね。

 

【スポンサーリンク】

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA