高橋一生の弟は安部勇磨!バンドマンでミュージシャンだった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

高橋一生は5人兄弟。
そして弟はバンド・ネバーヤングビーチの
ボーカルの安部勇磨であり、
ミュージシャンということが発覚。

高橋一生は5人兄弟の長男で
10歳年下の弟が安部勇磨ということに。

今回はそんな高橋一生と
弟の安部勇磨との関係についてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■高橋一生と安部勇磨の父親

高橋一生が5人兄弟で
長男ということは知られていましたが

弟の一人がネバヤンのボーカル、
安部勇磨ということが発覚したのは
2017年1月20日放送の「A-Studio」。

母親は元子役であり
最初の父親の時18歳の時に
長男の高橋一生を出産。

次の父親の時に次男と三男(安部勇磨)を出産。
そして3人目の父親の時に
四男と五男を出産しているため
合計3人の父親がいたことになります。

ちなみに母親は一人です。
 

【スポンサーリンク】

 

■高橋一生と弟・安部勇磨の関係

高橋一生と安部勇磨らの母親は
2015年夏になくなり
父親もすでになくなっているために
今では家族は兄弟のみとなっています。

そして高橋一生と母親は折り合いが悪く
10年近く会っていなかったとのこと。
そんな高橋一生と
母を繋いでいたのが弟・安部勇磨。

母がガンであることを知ったのも
弟の安部勇磨から知らされて。

この時に会ってしまうとまた口喧嘩になってしまうとして
母親が弱ってから合わせて欲しいと
複雑な感情を抱いていたようです。

一方で弟の安部勇磨も
高橋一生に連絡をすると
母親にお金の無心に行かされてしまったので
あまり気軽に連絡を取れないという事情もあり
複雑であったとのことです。

■高橋一生と安部勇磨らの現在

長男・高橋一生は俳優として
次男はデザイン系の職につき
三男・安部勇磨はミュージシャンとして
バンド・ネバヤンのボーカルに。

四男は不明ですが
五男は寿司職人の見習いとして修行中とのことです。

■おわりに

高橋一生と弟の安部勇磨らは
母がなくなって肉親が兄弟だけになって
ようやく気兼ねなく兄弟全員で
連絡を取るようになったといいます。

そうして安部勇磨は高橋一生に
ミュージシャンとして活動をするのなら
インディーズではなくプロとして活動し
評価される側にいないとダメだとのアドバイスなども
していたという。

そのようなアドバイスの結果
安部勇磨がボーカルのバンド・ネバヤンは
メジャーデビューを迎えたのかもしれません。

 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA