高橋名人がしくじり先生でゲーム下手だと暴露。現在は代表取締役名人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

1秒16連射でお馴染みの高橋名人
ゲーム好きの子供にとってヒーローであった高橋名人ですが
実はゲーム下手であることをしくじり先生で暴露しています。

今回はそんな高橋名人の暴露についてや
現在についてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■高橋名人について

名前:高橋名人(たかはしめいじん)
本名:高橋利幸(たかはし としゆき)
生年月日:1959年5月23日
出身:北海道札幌市

高橋名人はもともと1982年に入社した
ハドソンの一社員。

1985年に銀座で「チャンピオンシップロードランナー」の
実演でステージに上がってブレイク。
サインをねだられるほどに。

そうして16連射などを披露して瞬く間に有名になり、
高橋名人としてゲーム好きの子供達に
カリスマ的な人気を誇っていました。

その人気ぶりは映画「GAME KING 高橋名人VS毛利名人 激突!大決戦」
というものまでもが作られるほど。
 

【スポンサーリンク】

 

■高橋名人はゲーム下手だと暴露

ある意味ではプロゲーマーの
先駆けとも言われている高橋名人。

もともとは単なるハドソン社員である高橋名人。
しくじり先生に出演をして
ゲームが超下手であることを告白。
マリオなどのゲームも超序盤までしかできないほど。

■高橋名人の現在について

高橋名人は2011年5月に
コンシューマーゲームから撤退したハドソンを退社。
2011年6月にゲッチャ・コミュニケーションズ入社をし
2012年10月にはゲッチャ・コミュニケーションズが買収されたため
株式会社MAGES.にゲームプレゼンターとして移籍。

そうして高橋名人は2014年6月に
株式会社ドキドキグルーヴワークスを設立。
代表取締役名人という肩書に。

更には「一般社団法人 e-sports 促進機構」の
理事となっていることを明かしています。

■おわりに

高橋名人は「一般社団法人 e-sports 促進機構」の
理事となったばかりですが

日本ではe-sportsと言うものが
やはり海外と比べて浸透してないんですよね。
プロゲーマーとして生活できる人が本当に数少ない。

個人的にはe-sportsが流行るといいなぁと考えてるので
ぜひとも高橋名人には
e-sportsの促進を頑張って欲しい!
 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA