田村芽実が本田美奈子.役としてその生涯を綴った舞台に出演決定!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

早世の天才歌手である本田美奈子.を
題材とした舞台「minako-太陽になった歌姫-」。
その舞台で田村芽実が本田美奈子.役を演じることが決定しました。

今回は田村芽実についてと
本田美奈子.と彼女を題材とした舞台について見てみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■田村芽実について

名前:田村芽実(たむら めいみ)
生年月日:1998年10月30日
出身:群馬県

田村芽実は2009年に
ミュージカル「しゅごキャラ!」に出演。

このときにスマイレージ初期メンバーの3人と共演を果たし
2011年8月にはスマイレージメンバー募集に合格し
サブメンバーとなります。
2011年10月には正式メンバーに昇格。

2014年12月にはスマイレージは
アンジュルムへとグループ名を改名。

しかし2016年5月に卒業公演をもって
アンジュルム、ハロー!プロジェクトを卒業。
卒業後はミュージカル女優となるために
努力をしてきました。

■本田美奈子.について

名前:本田美奈子.(ほんだ みなこ)
本名:工藤美奈子(くどう みなこ)
生年月日:1967年7月31日
出身:東京都

本田美奈子.は1983年にスカウトされ芸能界入り。
1984年、高校2年の長崎歌謡祭に出場してグランプリを獲得。
1985年に「殺意のバカンス」でデビューし
12月には武道館コンサートを受賞。

1990年にはミュージカル「ミス・サイゴン」の
オーディションを受けてヒロインのキム役に抜擢され
1992年度のゴールデン・アロー賞演劇新人賞を受賞し
歌唱力と演技力を評価されます。

しかし2004年には体調を崩し
2005年1月には白血病と診断を受け緊急入院。
一時退院と入院を繰り返し
本田美奈子.は11月6日に帰らぬ人となりました。

一時退院をしていたときには
白血病患者を支援する活動をしており
その意志は現在も受け継がれ、

NPO法人の「Live for Life」として
現在も活動が続いています。
 

【スポンサーリンク】

 

■本田美奈子.の舞台

本田美奈子.を題材とした舞台
「minako-太陽になった歌姫-」は野沢トオルの作品。

架空の劇作家、野島周平の目線から
本田美奈子.の生涯を綴るという物語。

野島周平が本田美奈子.を題材とした
舞台の脚本を書くという仕事を受けるというストーリーで
野島周平の日常と本田美奈子.の生涯を重ね合わせるというもので
劇中劇というものになります。

田村芽実はもともと本田美奈子.に
強いあこがれをもっています。

そして野沢トオルも
本田美奈子.の舞台の話が
2016年夏に来たときには
田村芽実以外には考えられなかったと語るほど。

■おわりに

田村芽実はアイドル歌手から
ミュージカル、舞台女優への世界を目指していて
その点と歌や演技に関してストイックな所が
本田美奈子.と一致していますよね。

今の所キャストは田村芽実のみが決定していますが
こうなると他のキャストはどうなるのか気になる所。

 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. タカダヒトシ より:

    記事文中、一部「田中美奈子」と誤表記されていましたがドンマイ。実は私、本田美奈子よりも田中美奈子さんの方が好きですから。要するに、うれしすぎる誤表記でした。

    1. kei より:

      ご指摘ありがとうございます、誤表記修正致しました。

  2. タカダヒトシ より:

    いいえどういたしまして。誤表記は誤表記として、世間が混乱しないためにも修正しなきゃいけないんでしょうけど、大好きな田中美奈子さんの名前が消されちゃったことは、ちょっぴりガッカリ(ー ー;)

コメントを残す

*

CAPTCHA