田中美佐子の旦那、深沢邦之は今、子供も出来レギュラー番組持ち

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

結婚当初は超格差婚と騒がれ、
一時は離婚説、仮面夫婦説も出てしまった
田中美佐子と旦那の深沢邦之。

そんな田中美佐子と深沢邦之の今は
子供も出来、仮面夫婦説も一蹴しています。

今回はそんな田中美佐子の旦那である
深沢邦之についてを見てみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■深沢邦之について

名前:深沢邦之(ふかさわ くにゆき)
生年月日:1966年9月15日
出身:東京都練馬区

深沢邦之は大学在学中に
萩本欽一のコメディアン養成塾のオーディションに合格し、
その後「欽ちゃん劇団」へ移り劇団員として活動。

1994年1月に東貴博と
お笑いコンビ「take2」を結成して
知名度をあげます。

ちなみに2015年6月には
東貴博は相方の深沢邦之とは仲が悪いとして
4月にけいこ場であった時に「あけましておめでとう」
舞台が終わったら「良いお年を」という予定と語り

深沢邦之も「来年に会うことが楽しみでしょうがない」と
本気なのかどうなのか仲の悪さをアピールしています。
 

【スポンサーリンク】

 

■深沢邦之と田中美佐子の結婚

深沢邦之と田中美佐子は二人共同じ事務所であり、
田中美佐子の現場担当が居なくなったため、
当時電話番をしていた深沢邦之が付き人に。

そうして深沢邦之は田中美佐子と
他の事務所タレントとの連絡係になって
恋の悩みも次第に相談し合うようになります。

しかしそうしているうちに深沢邦之は
付き人の仕事が忙しくて
それまで交際していた恋人と破局。

田中美佐子の付き人もやめましたが
そのことで田中美佐子の中で

深沢邦之の存在が大きくなっていることに気づき、
寂しいと電話をしたら深沢邦之も
そうだと言ってくれたというのが交際のきっかけ。

そうして田中美佐子が深沢邦之に逆プロポーズするも
深沢邦之は収入が少ないことを気に病んで
返事を保留するも、半年後に
再度プロポーズをして無事結婚へ。

当時深沢邦之は無名で月収10万円であり
田中美佐子は収入が1億円以上で、収入100倍差とあったため
仮面夫婦説や離婚説も出ましたが
2002年には子供を出産してその説も一蹴しています。
 

【スポンサーリンク】

 

■田中美佐子の旦那、深沢邦之の今

超格差婚で深沢邦之は
田中美佐子の旦那として話題になり
テレビへの露出も増え、

今も2009年4月からは日曜日に
TBSの番組「噂の!東京マガジン」に
レギュラーパネリストとして
出演をしています。

■おわりに

田中美佐子の旦那、深沢邦之は
結婚当初はさすがに食事代や家賃は
支払ってもらっていたようですが

今は子供が生まれたことがきっかけで
深沢邦之が全て支払い、田中美佐子の収入は貯金。
学費や習い事のお金も
深沢邦之が払っているということです。

結婚するまでは亭主関白になる、と言っていたものの
いざ結婚をすると洗濯や掃除も普通に手伝い

子供が生まれ、守るべきものが増えると
更に変化をしたようで、やはり結婚や出産というのは
夫婦ともに1大イベントなんだなぁと更に実感。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA