徳光正行が嫁と離婚…その理由が色々と凄すぎる!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

父が徳光和夫である徳光正行
2010年にはフリーアナウンサーの田野辺実鈴と結婚。
しかしその嫁とは4年半で離婚をしています。

今回は徳光正行とその嫁、田野辺実鈴と
離婚の理由について見てみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■徳光正行について

名前:徳光正行(とくみつ まさかず)
生年月日:1971年12月12日
出身:神奈川県茅ヶ崎
職業:キャスター・タレント

フリーアナウンサーの徳光和夫の息子として生まれ
中学卒業後はプロレスラーを目指したものの
徳光和夫に反対されて断念。
そして2001年にはタレントとしててビューをします。

しかし2013年にはお笑い芸人たちのギャグプロレス団体、
西口プロレスで「ミル・マサカラス」としてプロレスデビュー。
月に一度の西口プロレスの本興行に
定期的に参加をしています。

■徳光正行の嫁について

名前:田野辺実鈴(たのべ みすず)
生年月日:1983年2月6日
出身:神奈川県横浜市
職業:フリーアナウンサー

2005年にTOKYO MXに入社し、
「5時に夢中!」などに出演。

2011年10月には東京メトロポリタンテレビジョンを退職し
2012年4月にはフリーアナウンサーとして活動を開始。
そのころには徳光姓を名乗っています。

■徳光正行と嫁の結婚

徳光正行と田野辺実鈴は
東京MXの「TOKYOモーニングサプリ」で
司会とアシスタントとして共演したのをきっかけに
2009年3月に交際をスタート。

2009年12月に徳光正行がプロポーズをして
2010年6月17日に結婚を発表しています。
 

【スポンサーリンク】

 

■徳光正行と嫁の離婚理由

徳光正行と嫁の田野辺実鈴は
2015年2月に、年明けに離婚していたことを報告しています。

嫁の言い分ですと性格の不一致と価値観の相違。
しかし結婚相手に徳光正行を
選んだことは後悔をしていないとのこと。

では一体どのような価値観の相違があったかというと
徳光正行が父親に頼っている所が一番の原因と言われています。

徳光正行は父から二億円の豪邸を買ってもらったり
41歳の時点でもお年玉をもらっていたり
大学卒業後、およそ30歳までは
ミュージシャンを目指していたために
年収は10万円ぐらいで実家におり親のスネをかじっていたという。

■徳光正行の離婚理由についての反論

しかし上記のような親の甘やかしが
離婚原因ではと聞かれると
徳光正行は反論をしています。

お年玉は10万円もらっているものの
父の日や母の日、誕生日にはきちんとプレゼントを返している。
二億円の豪邸についてもは事務所の社宅。家賃として事務所に振り込んでいる。

離婚原因は価値観の相違で、
嫁は子どもを産み、育てたい。

僕はその日暮らしで今日が楽しければ
それで良いという生き方で、子どもはもう少し
あとで良いという考え方だったため。

■おわりに

徳光正行と嫁の離婚理由が
子作りの時期の価値観などもあったようです。

しかしやはり1番違うのは
それでも金銭感覚の違いな気がします。
生まれ育った環境が違うため
そのあたりの感覚が違うのは仕方ありませんが

すり合わせることが出来るとは思えないほど
徳光正行と嫁の価値観はずれてしまっていたんでしょうね。

 

【スポンサーリンク】

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA