友田麻美子は当時の文春砲で喫煙組としておニャン子クラブ解雇!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

元おニャン子クラブの友田麻美子
幻のエースTとまで言われ、文春砲で
喫煙組とされなければおニャン子クラブでも
トップを張れたのではないかとまで言われています。

今回は友田麻美子が喫煙組となった事件についてと
現在は何をしているかについて見てみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■友田麻美子について

名前:友田麻美子(ともだ まみこ)
生年月日:1968年1月8日
職業:バッグデザイナー

おニャン子クラブの会員番号7番の友田麻美子。
それまでとは全く違った形のアイドルで
幻のエースTとまで言われた人物です。

■友田麻美子の喫煙事件

アイドルにかけては第一人者である
秋元康が作ったおニャン子クラブ。

まさに今のAKBのように予約特典や
ポスターなどで連続でオリコン一位をかっさらっていきました。

しかしそんなおニャン子クラブも
今のAKBとある意味同じように
スキャンダルによっていなくなったメンバーがいます。

人気が頂点に達する前に
おニャン子クラブの複数名のメンバーが
喫煙している画像が週刊文春によりすっぱ抜かれてしまいます。

すっぱ抜かれた時期がまた絶妙で
おニャン子クラブが専属の番組
「夕やけニャンニャン」が放送してから僅か二週間。

その結果大スクープになってしまい
1985年4月1日に放送を開始したものの
1985年4月16日には友田麻美子を含む6名が
番組から姿を消し、そのうち5人が
1985年4月25日におニャン子クラブを解雇されてしまいます。

■喫煙事件の謎

喫煙組と呼ばれたのは6人ですが
おニャン子クラブを解雇されたのは5人。
樹原亜紀だけは何故か解雇されていないんですよね。

写真にしっかりと顔が
映っていないというわけでもなくしっかりと映っており
スカートしか映ってない佐藤真由美は
しっかり解雇されるという謎。

しかし実は喫煙組についてはもともと解雇までは
するつもりがなかったという。

反省期間として少しの間
番組から降板させただけであったものの
学校が一人を退学、三人を謹慎処分にし、

学校の教師や両親が
テレビに出てほしくないと語ったため
そのままおニャン子クラブを脱退したという。

そう考えると一人だけ残った樹原亜紀は
学校からの処分が無かったり
学校や両親を説得できたため
おニャン子クラブに復帰できたのかもしれません。
 

【スポンサーリンク】

 

■友田麻美子の転機

友田麻美子は一枚の画像で芸能界への道を閉ざされました。
しかし友田麻美子の人生をまた大きく買えたのも一枚の画像でした。

手縫いのバッグを制作して売っていた友田麻美子ですが
情報誌に友田麻美子の制作した
バッグの画像が掲載されたことにより

注文が殺到し人気が急上昇。
カリスマモデルの黒田知永子も持つほどになり
更に注文が増えたという。

今では友田麻美子は手縫いバッグ・カバンのブランド
「tearful * cheerful」を立ち上げています。

■おわりに

友田麻美子は現在はAin’tという事務所に所属しています。
元々不本意な形でおニャン子クラブを
やめてしまった友田麻美子なので

これからは形は違えども友田麻美子のことを
テレビで見る機会も多くなるかもしれません。

 

【スポンサーリンク】

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA