上島竜兵の嫁、広川ひかると竜兵会の話が凄い!本拠地閉店でどうなる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

上島竜兵を囲むお笑い芸人の会、竜兵会。
実は嫁の広川ひかるは上島竜兵が盛んに竜兵会を開くため
家系をかなり圧迫して悩んでいました。

今回は上島竜兵の嫁、広川ひかると
竜兵会のエピソードについて見てみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■上島竜兵の嫁、広川ひかるについて

名前:広川ひかる(ひろかわ ひかる)
生年月日:1970年10月6日
出身:埼玉県

上島竜兵の嫁の広川ひかるは
実は元お笑い芸人。
現在はバラエティー番組などでリポーターをしています。

1988年の『発表!日本ものまね大賞』で
優勝してスカウトされ芸能界に入りました。

工藤静香のものまねを
日本で初めて行った人物であったりします。

1994年に三年間の交際を経て
上島竜兵と結婚。
プロポーズは上島竜兵からで以下の通り。

「僕は他の誰かさんとは違うので、結婚してくれよ」

1994年は梅宮アンナと
羽賀研二の交際がとても騒がれていました。
羽賀研二が多額の借金を抱えていたり
女性関係が派手だったために

父親の梅宮辰夫が羽賀研二に対して
とても厳しい態度を示していました。
そのことに関して上島竜兵は皮肉をかけています。

■上島竜兵の竜兵会は嫁広川ひかるにとって悩みの種!?

後輩芸人との飲み会である
竜兵会を盛んに開く上島竜兵。

しかし竜兵会は上島竜兵がほとんどおごり。
そのために嫁の広川ひかるにとっては
家系を圧迫する悩みの種でした。

竜兵会をして朝帰りが毎日続き
一日四軒はしごすることも多く
放置しておくと飲み代が際限なく増えていくという。

そのため上島竜兵を手綱をしっかりと握るため
嫁の広川ひかるが飲み代は毎月きっちりと決め
いつもより多い日には注意をしたら
自然と家系を圧迫しない代金に収まってきたという。
 

【スポンサーリンク】

 

■竜兵会の本拠地閉店で…

実は竜兵会の本拠地である
居酒屋の「野武士」は2016年6月末に閉店しています。

本拠地閉店の理由は体を壊したとか
そういうものではなく、
単に野武士の大将が残りの人生を
ゆっくり過ごしたいからという理由。

そのため長い間竜兵会の本拠地であった
野武士の閉店を偲び、大将とママさんも呼んで
野武士の閉店を偲ぶ会を企画しました。

そして上島竜兵が選んだのは何故か庄や
有吉弘行は庄やにしたことに少し納得がいかなかったそう。

庄やは別に良いんだけどさ、
大将とママの最後を送り出そう、
これから第二の人生頑張ってくださいって思いを、俺なんかはね。

高級店とは言わないけどさ、
ママと大将が行きやすい場所で
一番豪華なお店とかあるじゃない?

大将とママさんは凄い喜んでくれたそうなので
結果的には良かったということです。

■おわりに

上島竜兵も竜兵会の本拠地が
なくなるのはやはり堪えたよう。

しかし何故庄や。
今月の竜兵会の飲み代の予算が実は結構きつかったんでしょうか。

 

【スポンサーリンク】

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA