UZIはラッパーで実家が大金持ち!生き様が面白すぎる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

深夜のテレビ番組「フリースタイルダンジョン」
などで進行役を勤めるカリスマラッパーのUZI

そのいかつい外見からは想像できませんが
実は家はかなりのお金持ちで
「テニスの王子様」の作者とも親戚であるという。

今回はそんなカリスマラッパー、
UZIについてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■UZIについて

UZIさん(@bizenkou)が投稿した写真

名前:UZI(ウヂ)
本名:許斐氏大(このみ うじひろ)
生年月日:1974年1月29日

UZIはe-Sportsを推進する会社、
「PSYMIN」とプロ契約をして
ウィニングイレブンの大会にプロゲーマーとして参加もし

リングアナ、ナレーションや司会も勤め
もちろんラッパーとして

テレビ朝日のラップバトルを推進する番組の
「フリースタイルダンジョン」のMCとしても活躍するなど
独特でかつ多様な顔をもっています。

■UZIの実家はお金持ち。祖父は許斐氏利

プロゲーマー、司会、ラッパーと
様々な方面で活躍をするUZI。
その生き様からは予想外ですが祖父は許斐氏利。

許斐氏利は許斐氏の末裔であり、軍隊上がり。
クレー射撃の腕は天才的で
1956年のメルボルンオリンピックに出場し

1958年のアジア競技大会では優勝を収め
日本クレー射撃協会の第3代目会長となるほど。

また、許斐氏利はオリンピックに出場した時に
フィンランドの選手がサウナに入ったのをみて
顔から上だけを出す、スチームサウナを日本に輸入した人物。

そしてUZIの祖父の家の応接室には
許斐氏利が実際にアフリカでハントをしてきて
キリンやガゼルのような動物、ハイエナやダチョウ、象を
剥製にして飾っていたという。

ただしワシントン条約がない時代に話であり
バブルがはじけて家を立て壊したときにはなくなったとのこと。

そして許斐と言えば
人気漫画「テニスの王子様」の作者は許斐剛ですが
こちらもUZIの親戚。

多忙なため面識はないようですが
許斐剛の両親とはよく会うそうです。
 

【スポンサーリンク】

 

■UZIの生き様

UZIは実は慶應幼稚舎出身。
小学生の頃から大学まで慶應ボーイ。
兄貴分であるZeebraも慶應幼稚舎出身なので
地味につながりがあります。

そしてそんな小学生の頃、
おかっぱみたいな髪型をしていたビートたけしにバスで出会い

たけしに指を指して「この人、男か女かわかんなーい!」と言ったら
たけしにひっぱたかれて

「人のこと、指差すんじゃない!」と叱られたこともあり
UZIは自分で自分のことを
わがままで自分勝手だったと言っています。

そして小学校では野球、ラグビーなどをしていて
中学でもラグビー、柔道、
高校ではアメフト、水球部など体を動かしています。

■UZIは高校では超ゲーマーに

プロゲーマーとしての顔を持つUZIですが
高校時代はゲーセンにいりびたり。
ほぼすべてのゲームをやりこんでいました。

特に「ギャプラス」というゲームのランキングを
UZIという名前で埋め尽くしたために
「ギャプラス小僧」というあだ名がついたほど。

そして20代の頃にはバーチャストライカーの大会で優勝。
ワールドカップ観戦を景品として獲得しています。

そうして「e-Sports」を推進するため
ゲームの大会に解説者として出たり
e-Sports協会のデモンストレーターなどになったりと
e-Spotts人口を増やすために奔走しています。

■おわりに

UZIはFPSもかなりやりこんでいたようで
サバゲーもやっていたそう。
今は本気でゲームをするのも
辞めてしまったようですけれど。

実際FPSは年をとると反応速度が落ちてきてるの
凄く分かるんですよねぇ…。
以前は撃ち勝ててたのに
撃ち負けるのとか本当に有ります。

立ち回りは向上出来るんですけど
咄嗟の正面からの撃ち合いには勝ちづらくなって悲しい。

 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA