和田アキ子が紅白落選!2016年で40回の出場ならず。理由は世代交代か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

大晦日の紅白歌合戦に和田アキ子がついに落選しました。
2016年も出場すれば40回出場ということになっており
今年も出るのでは、とは思っていましたが…。

今回は和田アキ子の紅白落選理由について見てみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■和田アキ子の紅白出場歴

1970年-1978年:「笑って許して」で初出場。1978年まで連続出場。
1986年~:紅白に8年ぶりに出場。2015年まで連続出場。
1987年-1988年・1997年:紅組で司会を担当。
1987年:「抱擁」で紅組のトリを務める。
1998年:「今あなたにうたいたい」で紅白の大トリを務める。
2005年:紅白に白組として初出場。
2012年:女性歌手として歴代最多出場歌手になる。

トリ7回、大トリ1回
トリ前5回、前半トリ1回と
紅白の重要なところを和田アキ子は任されています。

ちなみに代表曲の「笑って許して」は4回
「あの鐘を鳴らすのはあなた」6回。

こうみると本当に和田アキ子は紅白と縁が深い。
ただやはり、近年は大ヒットと言える曲はあまりなく
昔の曲を歌っているイメージが強いですね。

2015年も初出場の時と同じ曲の
「笑って許して」を歌っているわけですし。
 

【スポンサーリンク】

 

■和田アキ子の紅白落選の理由

和田アキ子の紅白落選の理由押しては
やはり世代交代の流れの一言に尽きます。

2013年には北島三郎、
2015年には森進一が紅白を卒業し
2016年には細川たかしが紅白歌合戦を辞退することを宣言。

細川たかしが紅白を辞退する理由としては
紅白の舞台に立つことは歌手として一種のステータスで夢だが
枠は限られているために世代交代も必要だと語っています。

そのような流れもあり
和田アキ子もついに世代交代のため
紅白に落選してしまいました。

しかし個人的には日本レコード大賞が
バーニングの買収疑惑を証拠付きで報道したために
権威が失墜してしまったので

紅白歌合戦はそのようなことはなく
世代交代をする、きちんとしたものです
というアピールの要素が強い気がします。

■おわりに

和田アキ子が紅白を落選してしまいましたが
今回出場できていれば31年連続で40回目という出場。
数字的にはとても惜しい気がします。

しかし和田アキ子は近年大ヒットといえる歌は出しておらず
紅白ぐらいでしか歌う姿をあまり見ないんですよね。

そのため実績ではなく数字のために
紅白に出させられるより、落選した方が和田アキ子も
ある意味ホッとしてるのかなぁ…とも思ってしまいます。

 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA