若槻千夏の病気は余命を心配するものではなく旦那と共に穏やかな生活

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

タレントでありアパレルブランドを立ち上げ
実業家としても成功している若槻千夏

一般人男性である旦那と結婚をし
現在は第二子を妊娠するなど穏やかな生活をしています。

完治のしない病気を抱えているものの
病気とうまく付き合えば余命の心配などを
するようなものではなく、一時は激やせを心配されましたが
若槻千夏は健康なようです。

今回は若槻千夏の病気と
それにまつわる自身の活動の変化についてと
旦那について見てみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■若槻千夏の病気について

@wakatsukichinatsuが投稿した写真

若槻千夏は2006年11月に
潰瘍性大腸炎という病気で
芸能活動から遠ざかっていました。

この若槻千夏の潰瘍性大腸炎は難病の一種で
現在も原因は解明されておらず
いつ発症するかもわかりません。

そのためにレギュラー番組は降板。
一時は激やせ写真で余命を心配されてもいましたが
潰瘍性大腸炎という病気は

体調管理が万全であれば
重症になるということはありません。

そして芸能活動からは遠ざかったものの
空いた時間をうまく使い2009年にはファッションブランド
「W♥C」(ダブルシー)を立ち上げます。

そうして軌道に乗り2013年には
「W♥C」(ダブルシー)から手を引き
2015年12月に4年ぶりに芸能界へ復帰をしています。
 

【スポンサーリンク】

 

■若槻千夏の旦那について

若槻千夏が結婚した旦那は
アパレル関係で働く一般男性。
年齢は若槻千夏の3歳上で、2012年の結婚当時は30歳。
中田英寿に似ており、無口なタイプ。

2人ではしゃぐ姿は若槻千夏も想像できず
デートをしてもマネージャーのような感じの雰囲気。

2009年ごろに仕事をきっかけに知り合い、
2010年ごろから交際をし、期間は1年半ほど。

2011年5月にプロポーズをされて、
2012年1月17日に結婚しています。
また、結婚時点で妊娠5ヶ月であることを明かしています。

そして2012年6月22日に女児を出産し
2016年12月14日に第2子妊娠を報告。
2017年初夏に出産予定とのこと。

■おわりに

若槻千夏の旦那はアパレル関係の社員としており
アパレルショップを展開している
カジュアルファッションブランド、WEGOが

若槻千夏が2009年に立ち上げたブランド「W♥C」(ダブルシー)の
展開をしているので旦那さんが
WEGOの社員なのではないか、とされています。

確かに若槻千夏の旦那がWEGO社員であるのなら
そのようなツテで提携をするというのも自然。

しかし2013年にWEGOと
「W♥C」(ダブルシー)は提携を解除しています。
旦那さんがWEGOの社員であったら
関係解消でしがらみがあるでしょうし

当時はWEGO社員であったとしても
現在は若槻千夏がプロデュースした『クマたん』の利権を持つ
「WCJAPAN」の経営に旦那さんが
関わっているとされているため

若槻千夏の旦那さんは現在は
アパレル社員ではなく共同経営者という形のようです。

病気で休養が必要になることもあるでしょうし
その辺の事情をわかっている旦那さんが
共同経営者であるのなら
若槻千夏の今後も安心ですね。
 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA