ウーマン村本は母の影響で不倫に複雑な思い。ゲスなのはキャラ作りか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ウーマンラッシュアワーの松本の母がなかなか凄い。
ウーマン村本というととてもゲスいキャラです。
それもそういうのを作ってるのでは、という疑惑が有りますが。

そしてそんなキャラ作りには
ウーマン村本の母の村松友利子の
影響がある可能性が高いです。

今回はウーマン村本の母、
村松友利子について見てみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■ウーマン村本の母、村松友利子は遊び人!?

実はウーマン村本の母の村松友利子は
ウーマン村本が小さい時に浮気をしています。

父親と母の浮気相手で何故か
子どもたちの前で
殴り合いの末勝利し
浮気相手を追い払い父親と母親は復縁。
…しかしその数カ月後に父親が不倫をしていたという。

小さいころに両親がそれぞれ不倫をし
そして離婚。両親とも異性が好きなため
ウーマン村本は女好きになったんじゃないか、と思っているよう。

他にもウーマン村本の母、村松友利子さんは
若いころの泉谷しげると文通をしていたり。

どちらかというと母からの影響が強い、
と思っているみたいですね。
 

【スポンサーリンク】

 

■母親のこともあって不倫に対して寛容?

そんな自由な母をもつウーマン村本ですが
ベッキーの不倫騒動の際にベッキーを擁護しています。

ウーマン村本は半年に二回くらい不倫するプロなので
普通はちゃんと証拠は消す。
でもベッキーは証拠を消していないし
相手に証拠を消せといってないし恋愛に慣れていない。

他にも自分も不倫しているのに叩かれない
人を見て叩いてるのはおかしい。

不倫相手とはいえ付き合っているのだから
不倫相手だと名乗り出る女性は品がない

といういくつもの謎の理論で擁護していました。

■ゲスキャラは作ったもの?

以上のように、ウーマン村本は
とても炎上しやすい芸人です。

しかしファンに手を出したりを公言したり
相方が漫才でミスするたびに罰金徴収などの
数多くあるゲスいエピソードの9割近くは作り話という説もあります。

確かに本当にゲスい人のエピソードって
普通の人が思いつかないような視点からなんですよね。

それに比べると確かに
ウーマン村本のゲスいエピソードは
地に足がついているというか。

炎上を自作自演してDVDを宣伝するなどもしていますし
炎上させたいがためのゲスキャラを
作っている可能性は正直否定できません。

■おわりに

しかしウーマン村本の
ゲスいエピソードが作り話だとすると
母親の下りもどれだけ本当かが謎。

子供の前で父と母の浮気相手の殴りあいなんて
するかなぁというのが正直な所。

芸人は目立たないと駄目ですし
炎上芸で目立とうとしてゲスいキャラ作りをしている…
そう考えるのが自然な気もします。

 

【スポンサーリンク】

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA