矢部美穂が病気・子宮筋腫の手術で入院へ…。結婚しない理由は母親が関係か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

タレント、女優として活躍している矢部美穂
子宮筋腫と言う病気のため入院していることが判明しました。

今回は矢部美穂の病気と
結婚しない理由について見てみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■矢部美穂について

名前:矢部美穂(やべ みほ)
生年月日:1977年6月7日
出身:北海道

1992年に雑誌のグランプリ受賞をきっかけに
矢部美穂は芸能界デビュー。

1996年にはゲームソフトのイメージユニット、
クォヴァディス・トライアングルとして活動を行ってCDも発売しています。

そして芸能界から姿を一時消していましたが
2010年2月には東京にバー、「YABEKE」をオープンしており
現在は経営者としても力を入れています。

住所は東京都 世田谷区 池尻 2-34-1 ハイツルピネス 1F。
地図はこちら。池尻大橋駅から徒歩5分のところにあります。

■矢部美穂の病気

矢部美穂は子宮筋腫という筋肉から発生する良性の腫瘍が
大きくなってしまう病気を過去にも患っていました。

あまり身体に傷をつけずに済む腹腔鏡手術を行うため、
大きい筋腫を小さくするために
半年ほどリュープリン注射をしていましたが
少ししか小さくなっていませんでした。

そのため傷が大きくなってしまいますが
矢部美穂は全開腹手術をすることを決意。
そして12日間ほど入院をすることを発表しています。
 

【スポンサーリンク】

 

■矢部美穂が結婚をしない理由

矢部美穂は前述の通り「YABEKE」というバーを
オープンして経営者として働いています。

そしてバーをオープンした理由は実は矢部美穂の失恋。
名前の通り「YABEKE」は矢部美穂の母親と
矢部美穂含む三姉妹の完全家族経営。

そのためアットホームすぎるという評判が経っています。
では「YABEKE」が忙しいために結婚をしないかというと
そういうわけではありません。

実は矢部美穂の結婚条件は母と同居してくれる男性。
現在は独身で母親と二人で暮らしており
母親を生活面でも支えて、更には「YABEKE」の経営で
金銭面でも支えています。

男性としてはせめて結婚してすぐは新婚気分を味わいたくて
2人で暮らしたい、というのがあるでしょうから
母親と同居というのは地味にハードルの高い条件なのかもしれません。

■おわりに

矢部美穂が結婚しないのは結婚相手の条件が
母親と同居すること、とのことですが

さすがに新婚時代は母親と同居しなくても良いんでしょうか。
そうであるのならいつ結婚してもおかしくない気はします。

病気を手術で治したら
おめでたい話題が出たりはするのかもしれませんね。

 

【スポンサーリンク】

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA