山村美智の舌禍事件の真相がヤバイ…実は真逆の意味だった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「オレたちひょうきん族」の
初代ひょうきんアナウンサーの山村美智

フリーアナウンサーとなった後には
舌禍事件が原因で番組を降板してしまいます。
しかしその山村美智の舌禍事件には真相が…

今回は山村美智についてと
舌禍事件とその真相について見てみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■山村美智について

名前:山村美智(やまむら みち)
本名:宅間美智子(たくま みちこ)
生年月日:1956年11月5日
出身:三重県

もともとは山村美智子という名前で
1980年にフジテレビのアナウンサーとして入社。
「オレたちひょうきん族」の
初代ひょうきんアナウンサーとして活躍をし

1985年にはフジテレビを退社してフリーになります。
しかし後述の舌禍事件が原因で番組を降板し
2001年には芸名を山村美智子から山村美智へ。

2003年から2008年はニューヨークに滞在して
オフ・ブロードウェイで
自ら書いた脚本で主演・演出を上演。
2009年には帰国をして女優業を再開しています。
 

【スポンサーリンク】

 

■山村美智の舌禍事件

山村美智は1987年10月から
フジテレビの「FNN DATE LINE」に
キャスターとして勤めていました。

そして11月13日に、
スタッフが本番中にくしゃみをしてしまい
このことに思わず笑いながら
原稿を読んでしまったことが話題に。

そして三日後、11月16日に三宅島噴火関連のニュースで
「あんな島に住まなければいいのに」と発言をしたとして
山村美智は番組を降板されてしまうという出来事が…。

しかしこの山村美智の舌禍事件での
コメントは実は真逆のもので、
本当は以下のようにコメントをしていたという。

「あんな島に住まなければいいと言う人がいますが、
島民の方にとってみれば、島は、本当に大事な故郷なんです」

この前半部分だけを抜粋されてしまい
山村美智の言いたかったことと
真逆になってしまったというのが真相。

■おわりに

自分の発言を逆にされてしまうのは怖いですね。
とはいえそのことがきっかけで
半年契約だったフリーアナウンサーとしてのスケジュールが

急に空いたために芝居の話が持ち上がって
山村美智が女優に本格復帰することが出来たというのがあり
そのときは辛い出来事でも意味があったと
思えるようになったと語っています。

 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA