ストロベリームーンの意味が凄く良い!2016年の画像あり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

実は2016年6月20日はストロベリームーンという
赤みがかった満月が見える日でした。

残念ながら私の住んでる地域では雲が覆ってしまい
どこに月があるかの判断しかできませんでしたが…。

今回はストロベリームーンの意味と
画像について見てみましょう!


 

【スポンサーリンク】

 

■ストロベリームーンの意味

まず赤い満月なのに何故ストロベリーなのか。
赤といったら他にもいろいろとありますよね。

赤い満月の名称が何故ストロベリームーンになったかというと
実は由来はネイティブアメリカン。

ネイティブアメリカンは季節の収穫物などを
それぞれの季節の満月に名づけていました。

そして6月の赤い満月を指すのが
ストロベリーだったわけです。
苺のもともとの旬は初夏なので
6月に収穫期となって赤くなる満月と苺を結びつけたんですね。

■何故満月が赤く見えるのか

その理由は付きと地平線の近さ。
北半球では満月は夏に低く、冬には高くなります。

朝日や夕日が赤く見えるのと同じ理由で
月も高度が低いと赤みを帯びて見えるというわけです。
そのため夏至に近い6月の満月は夜中でも赤くなるんですね。

■ストロベリームーンの言い伝え

これは一体いつから言われたのかは定かではありませんが
ストロベリームーンを見ると
好きな人と結婚できる、幸せになれるという話があるそう。
あの、私見ること出来なかったんですけどあの。

■2016年のストロベリームーン画像

全国の画像は以下のようになります。

■おわりに

こうみると場所と時間に酔って結構色が違いますよね。
カメラの画質とかも関係するのでしょうけど。

しかしこう、なんというか
思ったより赤くないという意見もチラホラ。

私は自分の目で見ることが出来なかったので
そういう会話にすら参加できない
疎外感を密かに味わっていますけど
全体的に普段よりはちょっと赤い…気がします。

 

【スポンサーリンク】

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA