黒木渚が病気で体調不良のため活動休止!二股は単なる歌詞の事だった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

黒木渚が病気で体調不良のため
音楽活動を休止することが発表されました。


今回は黒木渚の体調不良の原因である
病気の咽頭ジストニアについてと
二股ということについて見てみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■咽頭ジストニアについて

咽頭ジストニアは不随意で
持続的な筋肉収縮を引き起こす神経疾患のこと。
つまりは筋肉が自分の思い通りに動かなくなってしまう病気です。

咽頭ジストニアはその名の通り喉の部分の筋肉が
思うように動かせなくなります。

音楽業界の人にとっては職業病のようなものですね。
コブクロも部位は違って発声時頸部ジストニアとはいえ
同じジストニアです。

■咽頭ジストニアの治療法

主な治療法は薬物療法、ボツリヌス療法
外科手術などがあります。
普遍的な効果が有る治療法はまだ発見されていないため
痙攣や痛みの軽減、一時的な除去が主なようです。

薬物療法は患者と時間の経過で違いが見られるため
できるだけ副作用の少ない薬で患者の症状に合わせます。

ボツリヌス療法は微量のボトックスを筋肉に注射。
効果自体は数ヶ月続きますが
あくまでも一時的な緩和のみ。

手術では患部の筋肉の神経組織を切断、切除で
いくつかのジストニアに対して効果があります。
しかし持続性が低く、顔の形が変わってしまうなどの危険があります。

黒木渚がどの治療法を選んだかは明かされていません。
トレーニングや筋肉のマッサージが必要ということなので

黒木渚に効果的な薬を経過を見て組み合わせるということで
薬物療法でしょうか。
 

【スポンサーリンク】

 

■黒木渚の二股とは

実は黒木渚には二股疑惑が出ています。
ところがこれは、単に黒木渚の歌「ウェット」の歌詞であるという。

どのような歌詞かというと、
ざっくばらんに言うと付き合っていた恋人が二股をかけていて
家族がおり、自分が浮気相手だったということを知り
手首を切ったものの暗いバスルームで成仏できてないことに気づいた、というもの。

黒木渚ワールドが全開となっています。
このような歌詞であるため
二股をかけられたことでもあるんじゃないかと思われていたよう。

■おわりに

黒木渚は独特の歌詞とは裏腹に
元々市役所の公務員という経歴を持つ異色のシンガーソングライター。

これからますます活躍するという時期に
ジストニアで体調不良になり活動休止というのは痛いかもしれません。
しかしあくまでも体調不良なのは喉だけであるので

小説執筆や作詞作曲などは出来るため
完治に向けた動きと平行してやっていくようですので
復帰した時には歌のストックが沢山あるのかもしれません。

最新シングルのPVはこちら。

 

【スポンサーリンク】

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA