美空ひばりの『さくらの唄』ギター伴奏のみの発売日はすぐで予約開始中!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

歌謡曲の女王美空ひばりの「さくらの唄」。
なんと未発表のギター伴奏のみの
バージョンの音源が見つかり、発売することが決定!

発売日は2016年5月29日となっています。
さくらの唄

今回は美空ひばりのさくらの唄について見てみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■美空ひばりのさくらの唄について

もともとは「さくらの唄」はなかにし礼が作詞し、
三木たかしが作曲と歌唱を担当したもので1970年に発売。

最初から美空ひばりの持ち唄というわけでは無かったんです。
ちなみにその時はヒットしませんでした。悲しい。

しかしTBSのドラマプロデューサーの久世光彦が
この曲をとても気に入り、楽曲をドラマ化してしまいました。
そして主題歌として美空ひばりにカバーを頼み
1976年の7月にシングルとしてリリースされました。

ちなみに美空ひばりの歌ったさくらの唄も
半年にわたってドラマ「さくらの唄」の
エンディングテーマとなりましたが売れませんでした。
切ない。
 

【スポンサーリンク】

 

■さくらの唄を美空ひばりは何故歌ったか

なかにし礼が作詞をし、
三木たかしが作曲した「さくらの唄」。

唄に思い入れがありすぎ、
三木たかしは泣くように歌ってレコードを
発売したものの売れませんでした。

しかし久世光彦もその唄に惚れ込み
世の中に蘇らそうとし連続ドラマの
『さくらの唄』を制作企画し
美空ひばりに歌ってもらおう、となったわけです。

しかしすんなり行かず、
美空ひばりの所属事務所には門前払い

そこでせめて美空ひばりに聞いてもらおう!ということで
長期公演中の美空ひばりの元を訪れ
楽屋で聞いてもらうという強行手段に。

そして泣きながら歌うような三木たかしの
さくらの唄を聴いた美空ひばりは
その場で微笑みながら、人に話しかけるようにさくらの唄を歌い
歌うことを快諾としました。

■おわりに

さくらの唄は二度蘇りました。
一度目は美空ひばりの手によって。

二度目は2016年5月29日の
第79回 美空ひばり生誕祭で
ギター伴奏のみの音源の発掘と発売で。

ギター伴奏のみなので今までの
さくらの唄とは印象がかなり違いそうです。

1976年5月のマスターテープとのことですが
最近の技術はすごいですからね。
未発表音源の発掘は
美空ひばりファンにとっては嬉しいニュース!

 

【スポンサーリンク】

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA