大黒摩季が持病の子宮腺筋症完治見込みで活動再開!子供ももしや…?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

大黒摩季がついに活動再開決定!
持病の子宮腺筋症の完治の見込みがついたようです。

今回は大黒摩季の持病である子宮腺筋症についてと
子供について見てみましょう!


 

【スポンサーリンク】

 

■大黒摩季の持病の子宮腺筋症とは

20代から30代後半の女性に多い病気。
子宮の筋肉になんらかの原因で
子宮内膜が入り込むことで子宮が腫大する病気のことです。

■子宮腺筋症の原因

明確な原因は不明。
しかし免疫力の低下やストレスなど複合的なものが
原因である可能性が高いと言われています。

また、閉経を迎えると症状が軽くなる場合が多いため
女性ホルモンが原因ではないかという説もあります。

■子宮腺筋症の症状

激しい生理痛を引き起こします。
症状が進行すると常に
激しい下腹痛や腰痛を起こすように。

また、経血の量が増えてその影響で貧血になります。
不妊症や初期流産の原因にもなります
 

【スポンサーリンク】

 

■子宮腺筋症の治療法

症状が軽い場合は定期的な婦人科受診で
痛み止めを使って様子見をします。

症状が強い場合には治療を行いますが
症状や子宮の大きさ
妊娠、出産の希望の有無で治療方法が変わります

■手術治療の場合

子宮全摘出手術が代表的。
しかし子宮腺筋症は当初は30代後半で
発症する例が多く、既に子供がいたり
閉経が近い場合など子宮を摘出してもよいという
判断を下す人が多かったためです。

患部のみを摘出する手術をありますが
こちらの手術はまだ開発途上で病巣が残るリスクもあり
行っている施設も少ないようです。

■薬物治療の場合

薬物治療では閉経の状態に近づけて
女性ホルモンの分泌量を下げる治療法です。

ただしこちらの場合は子宮腺筋症の進行を
あくまでも一時的に抑える治療法。
子宮の摘出に抵抗がある場合の治療法ということですね。

■大黒摩季の子供について

大黒摩季が活動停止をしたのは
持病の子宮腺筋症を治すためと
不妊治療をするためでした。

手術と投薬治療で完治が見込めた、ということで
手術だけでなく投薬治療も行っていることから
子宮の患部のみ摘出と進行を抑える投薬治療の併用ということなのかも?
そうなると子供が出来る可能性はありますね!

■おわりに

子宮腺筋症は不妊症になることが多いのですが
妊娠をすると生理が一定期間とまり
症状の進行を抑えるのには効果的で

実は妊娠が子宮腺筋症の最高の治療法のようです。
大黒摩季はもしかして妊娠のめどがたった、ということだったり…!?
とはいえ歌手活動再開発表だしさすがにそれはないかなぁ。

 

【スポンサーリンク】

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA