沢ちひろの会いたいは実話を元にした歌。沢田知可子と会いたい騒動もあったが…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「会いたい」を作詞した沢ちひろ
歌手の沢田知可子とは「会いたい騒動」、
つまりは替え歌騒動で有名になっていました

最終的には和解をし、お蔵入りしていた曲を
沢田知可子に送るなど強固な絆で結ばれていました。

今回はそんな沢ちひろの代表曲、
実話を元にした「会いたい」についてと
会いたい騒動とその結末について見てみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■沢ちひろの「会いたい」について

「会いたい」は沢ちひろが作詞した、
沢田知可子の八枚目のシングル。
1990年に発売されミリオンセラーになり

1991年には第24回全日本有線放送大賞を獲得し
第42回NHK紅白歌合戦に出場をしています。

現在のところ沢田知可子最大のヒット曲であり
沢田知可子といえば「会いたい」
といったイメージを持ってる人も多いのでは。

私も「会いたい」はリアルタイムでこそ
聞いていませんが親が好きだったので
小さい頃に車で移動中にカセットを流していたため
口ずさめる程度には
慣れ親しんだ曲だったりします。
 

【スポンサーリンク】

 

■沢ちひろと沢田知可子の「会いたい騒動」

そんな個人的にも思い入れのある曲の「会いたい」ですが
作詞家の沢ちひろと歌手の沢田知可子の間で
裁判沙汰になってしまっています。

発端は2013年9月のバラエティ番組
「さんまのスーパーからくりTV」。

歌手の沢田知可子が「会いたい」の替え歌を披露。
替え歌で歌詞が以下のように変わっていました。

元の会いたい
「今年も海へ行くって いっぱい映画も観るって
約束したじゃない あなた約束したじゃない 会いたい」

替え歌の会いたい
「カラオケみんなが歌って いっぱいお金入るって
全くウソじゃない 歌手は一銭ももらえない 泣きたい」

そして2014年7月に沢田知可子が発売したアルバムには
英語のコーラスが入った「会いたい with INSPi」が収録。

沢ちひろは沢田知可子に対して
替え歌により精神的苦痛を受けたとして
慰謝料200万円を請求し

タイトルと歌詞を無断で一部改変したとして
CDの販売元を著作者人格権侵害で提訴をしています。
 

【スポンサーリンク】

 

■「会いたい」は沢ちひろの実話をベースに…

実は会いたい騒動は正確に言うと
替え歌が発端ではありません。

「会いたい」は沢ちひろが
小学生のころになくなった母親を思って作ったという、
沢ちひろの実話をベースにした歌。

しかし沢田知可子は
学生時代に先輩を事故でなくしたエピソードを披露しており
そのことが長年引っかかっており
替え歌にしたことによって怒りが爆発したようです。

■会いたい騒動の結末

会いたい騒動は、最終的に沢ちひろが
ストレスによる低カリウム血症で緊急入院をして
一時意識不明になり、一週間
集中治療室に入ることになったので

ストレスの原因である裁判を中止するため
2015年7月9日に訴訟を取り下げています。

■おわりに

最終的には沢ちひろは2009年に
親族とともに作詞した「冬のほたる」を

なくなる直前に沢田知可子に託し、
この曲が沢ちひろの遺作となりました。
曲を提供するほど関係が修復していたのは
個人的に良かった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA