谷村新司の昴の歌詞が宇宙人からの…!?娘もシンガーとして活躍中!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

アリスのリーダーである谷村新司
昴で五回もの紅白出場経験を持ち、
2015年には紫綬褒章を受賞しています。

今回はそんな谷村新司の昴の歌詞の
衝撃的な意味、宇宙人が関係していることについてと
娘について見てみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■谷村新司の昴について

谷村新司が1971年にアリスを結成し
人気が絶頂になった1980年に作られました。

谷村新司は昴で1987年に紅白初出場を果たし、
その後1991年に昴で二回目の紅白出場。
このときは大トリでした。

そして1994年、1999年、2002年にも昴で
紅白出場をしています。

■昴完成秘話

谷村新司は曲を作るときには
メロディーが同時に来るタイプであり

昴の歌詞が浮かんだのは代々木上原への引っ越し中。
ダンボールに囲まれていた時に

「さらば昴よ」という歌詞が
降りてきたために急いで書き留めて、
床に寝っ転がったまま曲を書き一時間半ほどで完成。

谷村新司的には昴はアリスっぽくないイメージだと思っており
大人気になるとは全く思っていなかったそうです。
 

【スポンサーリンク】

 

■昴の歌詞は宇宙人からのメッセージ!?

そんな谷村新司の名曲、昴の歌詞は
実はプレアデス星団からのメッセージだと
谷村新司は語っています。

プレアデス星団は和名で「すばる」
中国では「昴(ぼう)」と呼ばれているおうし座の散開星団。

「さらば昴よ」という歌詞は
谷村新司自身もいまいち意味がわからりませんでした。

しかし中国でのライブツアー中に
宿泊先でプレアデス星団から「これからダイレクトですよ」と
何故か日本語で言われたそう。

ダイレクトに谷村新司はプレアデス星団と対話をし
昴の楽曲についてもあなた方が作ったのか、と聞くと
あなたが書いた曲でしょうと返答されたそう。

そして昴の歌詞については
以下のような意味があったんだ、と考えています。

「目に見えるモノだけに縛られる物質的な生き方に別れを告げ、
目に見えないモノを大事にする精神的に豊かな生活を選ぼう」

■谷村新司の娘について

名前:谷村詩織(たにむら しおり)
生年月日:1980年8月1日

谷村新司の娘、谷村詩織はシンガーソングライター。
2008年にデビューをし、2009年6月には
谷村新司と谷村詩織は長野で親子共演を果たしています。

このときには谷村新司が作詞、
谷村詩織が作曲したコラボ曲の「まるいうさぎ」を披露。
その後も2011年4月に共演など精力的に活動中。

2016年にもNHKラジオ放送開始90周年記念特集
「90時間ラジオ~もっと届け、大切なこと。」から生まれた『バード』を発売。

こちらは谷村詩織が上記番組の
リスナーから届いたメッセージを元に作詞。
そしてヒャダインが作曲をし、谷村新司が監修をした
豪華なオリジナルソングとなっています。

■おわりに

谷村新司の昴の歌詞が宇宙人からのメッセージというのは衝撃的。
良くインスピレーションが湧くとかいいますけど
谷村新司の昴の歌詞はその最たるものなんですね。

 

【スポンサーリンク】

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA