ノーベル文学賞2016は村上春樹ではなくボブ・ディランだった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

村上春樹が11年目の正直としてノーベル文学賞を
今年こそ受賞するかと思いきや
なんと受賞者は意外なことにボブ・ディラン。

確かに影響度などを鑑みると
ボブ・ディランのほうが村上春樹よりも上ですね。


 

【スポンサーリンク】

 

■ノーベル文学賞を受賞したボブ・ディラン

ボブ・ディランはアメリカのシンガーソングライター。
よってノーベル文学賞を受賞したのは
歌詞で、ということに。

受賞理由については
「米国の偉大な歌の伝統で、新しい詩的な表現を創造してきた」とのこと。

今までにも詩などでノーベル文学賞を
受賞した人物がいたとは言え
歌詞で、となるとかなり珍しい気もします。

「風に吹かれて」や「天国の扉」などの名曲で
グラミー賞やアカデミー賞、
ピューリッツァー賞の特別賞などを受賞していますが
今回は歌詞だけでノーベル文学賞を受賞した、ということに。
 

【スポンサーリンク】

 

■ノーベル文学賞の今後について

シンガーソングライターであるボブデュランが
歌詞という点をとってノーベル文学賞を受賞したというのは
結構大きな転換点になりそうな気がします。

個人的に村上春樹がノーベル文学賞を逃した、というよりも
ボブデュランがノーベル文学賞を受賞したことにより
今後はどうなるか全く見当がつかなくなった、という感じ。

受賞理由が新しい詩的な表現を創造、ということですが
そうなると作家は文章量的にもかなり不利で
曲や歌声で加点もされる可能性がある分
今後は作家がノーベル文学賞を受賞することが少なくなるような…?

■おわりに

ボブディランの名曲の数々が大きな影響を与えたのはわかりますし
偉大なシンガーソングライターというのはわかりますが
ノーベル文学賞というとちょっと違和感。

基本的に最初に歌詞だけ見るということはまずないでしょう。
歌詞、そして歌声と曲全てひっくるめて一つです。

そうなると純粋に歌詞だけで評価して
ノーベル文学賞を受賞したということになるのでしょうか。

歌詞カードだけを見て、
一度も曲と歌声を聞かずに評価ではないと
他の作品と対等な審査とは言えない気がします。

しかし世界的な名曲ですので一度も、
ちらっと聞いたことがない人だけで審査というのはありえないでしょう。

曲や歌声も含めて影響を与えたというのなら
それはノーベル文学賞とは別の賞にするべきでは、と個人的には思います。

 

【スポンサーリンク】

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA