遠藤賢司もがん闘病!?過去の怪我を乗り越えた不滅の男なら大丈夫か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ここ最近著名人が病気であるという告白が続いています。
歌手の遠藤賢司が3月にがんであるということが発表されました。

しかし遠藤賢司は不滅の男。
過去にも大きな怪我をしてきましたが
その度に乗り越えてきました。

今回は遠藤賢司の過去の
怪我などについてみてみましょう!


 

【スポンサーリンク】

 

■遠藤賢司一度目の負傷

遠藤賢司は1974年4月30日に一度、
公演先の福島にある喫茶店で
暴漢に襲われ負傷しています。
しかも相手が7-8人です。

そして5月1日に病院へ入院。
しかし5月4,5日に大阪でコンサートが合ったため
傷がいえないまま5月3日に退院しています。

そしてコンサートでは
当然傷が開いてしまい再縫合するはめに。

しかし特に長い間休む、ということはなく
5月12日には普通にテレビ、ラジオに出演し
16日にはまた福島へ、17日には仙台へ行くなど
怪我をしたばかりでも精力的に活動しています。

■遠藤賢司二度目の負傷

二度目の負傷は2004年12月18日。
フットサルの競技中、同日夜のリハーサル中に
左目を負傷して、網膜剥離と診断されてしまいます。

さすがに四日後の12月22日にあった
遠藤賢司2004大感謝祭は中止になってしまいます。
しかし2015年1月24日には日本武道館で映画の撮影

怪我をしても音楽活動を精力的に
続けてるのがわかると思います。
 

【スポンサーリンク】

 

■おわりに

3月のはじめ頃に遠藤賢司が
がんであることがわかったそうですが、
それをいま公表したのは小林麻央の件もあるからなのかなあ。

闘病中だから下手に取材に来るなよ
騒ぎ過ぎるなよ、という牽制なのかなぁと。

4月から短期入院をして現在治療中とのことですが
やはり遠藤賢司は音楽を完璧に取り上げてしまうと
逆に治りが遅くなる気がします。

どんな病気もモチベーションの有無で
治りの早さって段違いで、がんも例外じゃないんですよね。

そう考えると遠藤賢司は適度にライヴや
音楽活動をしたほうが良いような気がしますね。

過去の怪我からも何度も復活した不滅の男
遠藤賢司を信じましょう!
 

【スポンサーリンク】

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA