藤野保史が失言で大炎上!共産党全体の意見なのか個人の意見なのか…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

日本共産党の政策委員長である藤野保史
NHKの番組で失言をしてしまいました。

今回は藤野保史とはどのような人物か。
また、その炎上した失言とその時の
周りの反応について見てみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■藤野保史について

名前:藤野保史(ふじの やすふみ)
生年月日:1970年6月4日
職業:政治家

福岡県出身で
1997年に京都大学の法学部卒業のエリート。
穀田恵二と吉井英勝の秘書を務めて
2003年には日本共産党中央委員会の政策委員になっています。
そして2014年には衆院選比例北陸信越ブロックで初当選。

共産党内では以下の2つの役職についています。

日本共産党中央委員会原発エネルギー問題対策委員会事務局長
日本共産党中央委員会政策委員長

2016年5月26日には原子力特別委員会で質問をしています。
福島第一原発事故で送電鉄塔が倒壊し
全電源喪失などの問題が起きたのだから
送電鉄塔の耐震性に強化などの対策を取るべきだと言うなど
厳しい追求をしています。
 

【スポンサーリンク】

 

■藤野保史の炎上した発言と周りの反応

6月26日のNHKの番組で討論していた歳の出来事です。

共産党:藤野保史
軍事費は戦後初めて5兆円を超えましたけど
人を○すための予算ではなくて人を支えて育てる予算を優先していくということです
そして働き方、働き方の改革もしていくと

自民党:稲田朋美
それは言いすぎですよ、日本を守るためですから

公明党:石田祝稔
まずね、さっきの取り消したほうが良いですよ
人を○すための予算だなんてね、それは大問題ですよ

共産党:藤野保史
軍事費ですよ

日本のこころ:和田政宗
まずあの、人を○す予算というのは政治家として
まずいという風に思います。
国防というものはですね、国民の命を守るためにあるわけであって
これはもう戦争はしないというのはですね
日本国民であったり、どの政治家であっても思ってるわけですね

決して人を○すわけではない
国民の命を守るために国防があると思っています。

かなりの問題発言。
自民、公明、日本のこころから反論されまくりです。

■日本共産党としての意見なのか藤野保史個人の意見か

これはちょっと難しい所。
共産党のホームページには堂々と
自衛隊解消・安保廃棄を将来的展望として掲げていますと書かれています。

強い言葉を使っただけで、自衛隊はそのうちなくしたい
と言うのは共産党の政策ではあるわけです。

そうなるとこの場合、強い言葉を使ったことが問題となるわけです。
軍事費を縮小したいというのは
共産党の政策では一致しているわけですから。

すると共産党が藤野保史という政策委員長に
どのような処分を下すのかが争点となります。

何も処分しないのなら
そのような強い言葉を使うのは当然と、
共産党全体が思ってると認識されてしまいますしね。

■おわりに

仮に共産党全体がそう思っていたとしても
その発言を外に出してしまったら
支持はされなくなるような気がするんですよね。

この失言での炎上をどう対処するか
それによって藤野保史だけでなく
共産党への評価が変わりそうな気もします、

2016年6月26日20:32追記
藤野保史は発言を撤回しました。
発言取り消しについての投稿は以下のとおりです。

本日のNHK討論で、軍事費について、「人を○すための予算」と発言しました。
この発言は、安保法制=戦争法と一体に海外派兵用の
武器・装備が拡大していることを念頭においたものでしたが、
テレビでの発言そのものはそうした限定をつけずに述べており、
不適切であり、取り消します。

同番組中では発言を撤回しなかったのと
共産党としての動きが特に無いため
強い言葉を使うのは共産党全体の共通見解であるかどうかは
ちょっとまだ判断つきませんね。

 

【スポンサーリンク】

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 御意見番 より:

    共産党の人は、真実を述べているのに、なぜ、君はケチをつけるのか?失言であったと謝ったのはまずかったなあ。僕は、失言とは思わないなあ。軍隊は人を○すための装置じゃないか!顔を洗って、いや心を洗って考え直せ!愚か者め!

    1. より:

      あなたが、出直して下さいね

  2. 鈴木隆 より:

    相対的な考え方です。

    日本のマワリが善人ばかりで、場違いな武装を日本だけがしてるなら彼の発言を誰も非難しないでしょう。

    そして「正しい」は人によって異なります。

    個人ならどんな考え方による「正しい」も自己責任に於いて許されます。
    例えカルト教団のような「正しい」でも。

  3. 元党員元民青同盟員 より:

    藤野保史の実家について調べてもらえませんか。
    自分のカンでは、
    上層党員家庭出身で要領よく党内出世してきた奴。
    通った福岡市立別府小学校区に実家はあるはず。

    共産党の上層党員は子女の進路でアタマがいっぱい。
    良さそうな事を言っていても、
    組織内では進路をめぐって醜い潰し合いが多いです。
    非党員家庭出身の若者は使い潰されます。

  4. 愚民ども より:

    低学歴者は京大卒藤野議員を批判する資格は無い

  5. マリエッタ より:

    私は、災害救援のために全身全霊で活動されている自衛隊の方々に他国の後方支援であっても武器をもって海外に出て欲しくはありません。その武器は、何処に向けるのでしょうか。命を落として欲しくはありません。人○しになって欲しくはありません。

コメントを残す

*

CAPTCHA