後藤祐一(民進党議員)が女性職員へパワハラし謝罪。タクシーでトラブルの過去も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

民進党議員の後藤祐一が防衛省女性職員に
パワハラ行為をしたことが明らかになりました。

このことを受けて後藤祐一議員は
謝罪会見を開き今後気をつけたいと語っています。

過去にはタクシーでトラブルを起こし
禁酒令を受けたことも。

今回は後藤祐一の女性職員へのパワハラと
タクシーでのトラブルについてと
その後の対応について見てみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■後藤祐一について

名前:後藤祐一(ごとう ゆういち)
生年月日:1969年3月25日
出身:神奈川県横浜市

後藤祐一は東京大学法学部卒業後の
1992年に通商産業省(現在の経済産業省)に入省。

1998年にスタンフォード大学に出向し
1999年にはカナダ外務貿易省へ出向し
2006年7月に退官。

2006年の衆議院神奈川16区補欠選挙では
市民の党の推薦を受けて
民主党公認で出馬するものの落選。

2009年の第45回衆議院議員総選挙で
神奈川県最多得票となり初当選。
2012年、2014年の衆議院議員総選挙も当選し
民進党の議員として活動をしています。
 

【スポンサーリンク】

 

■後藤祐一のパワハラについて

後藤祐一は2017年2月16日の夜に議員会館に
防衛省の30代女性職員を呼び、
南スーダンにおける自衛隊の
日報を巡った問題について説明をしていました。

その際に資料の不備などに声を荒げ
「上司に言って人事評価を下げてやる」など
威圧的な言動を取ったとして
パワハラ発言をしたとされています。

防衛省は後藤祐一に抗議をし、
後藤祐一は2017年2月21日の記者会見で謝罪。
民進党も厳重注意をしたことが明らかになっています。

■後藤祐一の過去のタクシーでのトラブル

後藤祐一議員は2015年6月2日夜に
テレビ番組に出演した後に飲酒し泥酔。

2015年6月3日午前2時半ごろにタクシーで
議員宿舎に帰った所、
後藤祐一がなかなか降りないため
タクシーの運転手が警察に通報。

後藤祐一は釣り銭を受け取る法的根拠は何か
などとタクシー運転手を怒鳴りつけていたという。
タクシー代は支払っていたようです。

このことで後藤祐一には
1年間の禁酒令が出ています。

■おわりに

防衛省の職員が用意した書類に不備があったのは
確かに職員側の不備ですが
それで人事評価を下げるなどの
後藤祐一発言はさすがにパワハラと言わざるを得ません。

このような、南スーダン問題の本筋と
関係無い所で批判をされてしまうと
発言に説得力がなくなってしまうんですよね。

 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA