博多駅前が26日に再度陥没!?正確に言うと最大7センチ沈下か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2016年11月8日に博多駅前が陥没し
急ピッチで復旧が終わったのは記憶に新しいですが
2016年11月26日の午前1:40に陥没事故の埋め直し地点が
沈下しているという通報がありました。

今回は博多駅前の道路の沈下についてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■博多駅前は再度の陥没ではなく沈下か

場所は前回と同じ場所。
2016年11月8日に一度目の博多駅前の陥没があり
2016年11月15日に通行が再開され
2016年11月26日に今回の陥没、というか沈下が起こりました。

今回は正確に言うとは道路の陥没事故ではなく
長さ50メートル、幅15-20メートルの範囲が
最大で7センチ程度の沈下が見られているといいます。

現場周辺は規制線が張られたものの
肉眼では明らかな沈下が見られない程度のようです。

確かに画像や動画を見ても
前回のような大規模な陥没とは違い
肉眼では沈下しているのもよくわかりませんね…。

大きな問題はなかったのか午前五時半すぎには
規制は解除されたようです。

九州電力によると停電の情報は入っておらず
西武ガスでもガス漏れなどの異常は
見つからなかったとのことです。

■陥没事故の感謝状はどうなるか

道路陥没事故の復旧作業に関して
福岡市役所では尽力した合計108の企業に対し
2016年11月28日の午前中に
感謝状を贈る運びとなっていました。

今のところ沈下だけで交通規制も解除され
大きな問題は見られないようですが
感謝状はこのまま贈られるのかどうかが謎。

■おわりに

今回の件で下記の画像が拡散しています。

これはリンクと日付を
見ていただければわかるのですが
2016年11月8日の陥没直前の画像です。

今回の、2016年11月26日の沈下の画像ではありません。
まるで今回の沈下時の画像のように拡散していますが別です。

しかし博多駅前の交通規制は解除され
安全が確認されたとはいえ、詳しい原因や
どの程度危険な状態なのかがわからないと
利用は少しためらってしまいますね。

 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA