橋本健神戸市議の嫁が正式にコメント。婚姻関係は破綻していないと主張

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今井絵理子のパジャマ姿や
手つなぎなどの写真が週刊新潮によって撮られ、
不倫疑惑騒動が舞い上がった橋本健神戸市議。

そんな橋本健神戸市議の嫁が
不倫疑惑騒動と、橋本健神戸市議の
発表について正式にコメントをしています。

今回はそんな橋本健神戸市議の
不倫疑惑引退する釈明と
嫁のコメントについてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■橋本健神戸市議と嫁

神戸市会議員ハシケンのつぶやき。

インターネットでの選挙活動が解禁されるというのに私はFB、blogを使うことが苦手だ。なぜって?議員活動や政治的主張を短く伝えることなどそもそも無理があるからだ。blogを書くと2時間は軽く超えてしまう。…

橋本 健さんの投稿 2013年5月3日

橋本健神戸市議と嫁は高校の同級生。
大学生の時に学生結婚をし、
現在は9歳と5歳の娘がいます。

■橋本健神戸市議の今井絵理子との不倫疑惑に対するコメント

橋本健神戸市議は週刊新潮の記事は
事実と違うことはあるものの、
客観的事象は概ね事実。

当初週刊新潮の取材には恋愛感情がないと答えたが
それは間違いであり、2017年6月末に
今井絵理子に交際したいと伝えた。
しかし離婚が成立していないため友人関係でいようと言われた。

橋本健神戸市議は4~5年前に
婚姻関係は破綻していて
2016年8月には離婚をしたいとして別居を開始。
2017年3月に離婚調停を申し立てており、
相手方に離婚事由に相当する問題があったとし、

破綻した婚姻関係は
自由恋愛を妨げないと認識していて
今回の不倫疑惑騒動を招いてしまった、と語っています。
 

【スポンサーリンク】

 

■橋本健神戸市議の嫁のコメント

しかしそれに対して橋本健神戸市議の嫁は
4,5年前から婚姻関係が破綻していないし
嫁に離婚事由に相当する問題があったというのは不誠実だと反論。

2016年8月に離婚してほしいと急に言われ、
2016年9月からは嫁と子供を残して自宅に戻らなくなり
生活費も大幅に減額されたと語っています。

また、週刊新潮2017年8月2日発売号によると
橋本健神戸市議の嫁が生活費を払ってもらうために
弁護士をつけたために
2017年3月の離婚調停を申し込んだという形になるようです。

それに加え、橋本健神戸市議と
今井絵理子の不倫疑惑が報じられた
週刊新潮2017年7月27日発売号の前日、
2017年7月26日には

橋本健神戸市議は嫁に連絡をし、
離婚届に判を押して欲しいと言ってきたという。

参考:週刊新潮2017年8月2日発売号

■おわりに

橋本健神戸市議と今井絵理子の
手つなぎ写真はなんとデイリー新潮によると
動画まで撮られていたという。
ちなみに上記参考リンクの2ページ目に動画は貼られています。

しかし橋本健神戸市議によると
婚姻関係は4~5年前から破綻していて
別居を開始したのが2016年8月で
今井絵理子の当選と前後をしているということに。

さすがに橋本健神戸市議の説明に
納得しない人が多く、神戸市役所には
抗議が殺到しているようで、7月31日と8月1日の合計で
電話が100件を越えているとの報道も。

橋本健神戸市議と今井絵理子の
不倫疑惑騒動は大きな問題に発展していますが
どのように終息するのか。
 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA