鳩山邦夫が激ヤセの病気は十二指腸潰瘍だった!秘書の言葉はもしや…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

鳩山邦夫の病気が

十二指腸潰瘍であったと判明しました。

今回は十二指腸潰瘍という病気の概要についてと
秘書の言葉の裏を見てみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■十二指腸潰瘍という病気について

■原因

こちらの病気は原因は不明。
胃液の分泌や胃粘膜の防衛力のバランスが
ストレスや薬剤に副作用、刺激物で胃の粘膜を痛めた場合に
発生がしやすくなるそうです。

鳩山邦夫は立場上ストレスが
すごいたまりそうですからね…。
その条件を満たしてしまったのでしょう。

■症状

おおまかに腹痛・出血・胸焼けなどの不快感
吐き気や嘔吐の症状があらわれます。

■食事療法

固いものや繊維の多いものは控える。
酸味の強い食品や香辛料など胃液の分泌を促進するものは控える
極端に温度差があるものは控える。
ゆっくりと食べ、食後も休憩を取る
タバコ・アルコール類は避ける

十二指腸潰瘍の手術をした人は
腸が小さくなったりしているため
食事の量が今までより減ってしまいます。

しかしそうして栄養不足になると回復が遅れるという
悪循環に陥ってしまいますので
一日三食ではなく5-6食などを
間食ではなく通常の食事と同じようなものを摂ります。
 

【スポンサーリンク】

 

■鳩山邦夫の秘書の言葉

鳩山邦夫の秘書は激やせした時に病気ということには否定していました。
しかし以下にこう証言しているんですよね。

炭水化物抜きダイエットをしている。
軽い運動をしている。

これは言葉の裏を取れば
十二指腸潰瘍の食事療法として
食事をしていたら結果として炭水化物を
抜いている
ということなのでは。

そして運動ですが、もちろん食後すぐの運動は
逆に消化しづらくなるため厳禁です。
しかし実は腹筋を鍛えるというのは
十二指腸潰瘍の治療にはとても効果的

食後の胃もたれなどは姿勢の悪さが
原因となっているケースが多いんですね。

そうなると病気ということは秘書は否定したものの
治療行為をしているのが不自然にならないように
証言しているんですね。
さすが鳩山邦夫の秘書。口がうまい。

■おわりに

鳩山邦夫はおそらく仕事が忙しく
一日に5,6回も食事が摂ることが出来なかったため
十二指腸潰瘍が悪化してしまったのではないでしょうか。

十二指腸潰瘍の食事療法としては
食事回数を増やし栄養を減らさないようにして
ゆっくりと噛み消化しやすくするのが大事で
食後も休憩を取ることが大事です。

つまり結構ゆっくりとしたペースで
生活しないといけないんですね。

しかし元総務大臣・元法務大臣
元労働大臣・元文部大臣と様々な大臣を経験した
政界のサラブレッドの鳩山邦夫を必要とする手は多かった。
そのため自分の病気にあまり構えなかったのかもしれません。

 

【スポンサーリンク】

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA