平野達男は民主党を裏切り離党した過去が…!?青山繁晴との確執も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

元復興相で無所属だった平野達男
自民党に入党届を出したという発表がありました。

今回はそんな平野達男の裏切りとされる行為と
青山繁晴との確執について見てみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■平野達男の裏切り

2013年の岩手選挙区で民主党の公認候補だった平野達男。
しかし離党し、無所属で岩手選挙区に出馬をしました。

その際は民主党はその行為を裏切りだと評し
離党届を受理せずに除籍しました。
民主党からの離党の歳には平野達男はこう発言しています。

「申し訳ないが、民主党では勝てない。無所属で幅広い支援を受けたい」

そして実際にそのときの参議院選挙では
岩手県選挙区では6人も立候補しましたが
岩手で小沢一郎が代表を務める生活の党の候補者をうちやぶり
見事当選しました。

小沢一郎の影響力が強くさすがに
岩手ではどうなるかと思われていましたが
蓋を開けてみれば平野達男の圧勝という。

しかし離党したものの民主党の推薦を要請するというところが
結構批判を受けてはいますね。

今回の参院選でも無所属では有りますが
岩手選挙区では自民党の候補を応援しているんですよね。
岩手県では自民党の候補は敗れてしまいましたが。
 

【スポンサーリンク】

 

■平野達男と青山繁晴の確執

平野達男は民主党時代に初代復興大臣だったのですが
青山繁晴が東電福島第1原発を取材した際に
平野達男は青山繁晴に圧力をかけてきました。

そしてその後、青山繁晴を逮捕しろと
首相官邸から言われた、と
警察の良心派の人から言われたそうです。

しかし正式な許可が出て
東電に取材に行っているために逮捕なんてできない、とも。

この件について平野達男は沈黙を保っています。
しかし上記の圧力をかけたことと
逮捕しろという指示が出ていた、ということは
青山繁晴が番組上で言っているんですよね。

それに反論がないということは
真実の可能性が高いとみても間違いなさそうです。

■おわりに

ある意味確執のある青山繁晴と平野達男。
しかし青山繁晴も自民党参議院議員となっています。

確執のある二人が自民党となることで
どうなるかが少し心配。
和解はしたのでしょうか…。

 

【スポンサーリンク】

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 佐倉惣次郎 より:

    平成の小早川、平野。

コメントを残す

*

CAPTCHA