オータムスタンフェスト2016で優勝はガセだった!?経緯について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

群馬県太田市の臨時職員のitoが
2016年9月20日、21日にフランスのパリで開かれたという
オータムスタンフェスト2016の

格闘ゲーム部門で優勝したという記事が
群馬のローカル紙、上毛新聞と朝日新聞に掲載されました。

しかしなんとこのゲーム大会は
そもそも開かれてもいなかったという。
今回は経緯と対応についてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■誌面の経緯

群馬県太田市の臨時職員であるitoさんが
フランス・パリで開催されたという
オータムスタンフェスト2016で優勝し

賞金300万円か次の大会のシード権を選ぶことができ
itoさんはシード権を選んだという記事。

元々目立ちたくはないとのことで
以下のように語っています。

「いまは賞金稼ぎを目指す気はなく、
公務員試験を受けて正規の職員になりたいと思っています」

「オンラインで夜にプレーするときは、
毛布をかぶって音が出ないようにしています」

「親に怒られないよう、できるだけ小さく扱ってください……」

記者会見自体もitoさんには開く気はなく
所属する部長や課長に押されて
しぶしぶ記者会見をしたという表現。

しかしオータムスタンフェストというのが
格ゲープレイヤーに耳慣れない大会であったために
本当に存在している大会なのか、と言われてしまいます。

■itoさんの反論

現地へ向かい大会に出場したのは間違いがない。
ネット上に告知がない。
出場したのは大規模な大会ではなく小規模なもの。

名称もその都度変更になり、
スタンフェストとは関係がなく、
出場者もその都度異なり強いプレイヤーが
出てくるものではないとのこと。
 

【スポンサーリンク】

 

■オータムスタンフェスト2016とは

しかしオータムスタンフェストというのは
存在していない可能性が濃厚です。
スタンフェスト2016はありましたが開催したのは5月。

しかしfacebookには
さーていっちょとってきますか。世界を。と9月21日に投稿。
そして翌日9月22日には獲りました。と投稿をしています。

フランスの画像を多く投稿していますが
他のブログなどから画像を引用しているそうで
そもそもフランスに向かっていないという疑惑が濃厚。

■その後の対応

2016年9月27日、20:00には
上毛新聞は記事を削除し以下のように掲載しています。

27日に掲載された「仏で格闘ゲーム世界大会」の記事で、
太田市臨時職員の男性(23)が渡仏して大会に出場した事実はなく、

格闘ゲーム部門で優勝したとする報道は
事実無根だったことが分かりました。
読者の皆さまに深くおわび申し上げます。

このため掲載記事を削除致しました。

朝日新聞は記事を削除して
無かったことにしているようです。
少なくとも今現在はわかりやすい場所に
記事の削除などのお知らせは載っていません。

2016年9月28日18:00追記

朝日新聞も訂正記事を出しました。

 訂正しておわびします。

 ■訂正:格闘ゲームの国際大会で優勝

「格闘ゲームの国際大会で優勝」という記事を27日に配信しましたが、
群馬県太田市の臨時職員が格闘技ゲームのパリの大会で優勝した、
とあるのは市の調査で事実ではないことが分かりました。
この記事の見出しと全文を削除しました。
読者の皆様にご迷惑をかけたことをおわびします。

現時点では意図して探さないとわからない場所にあるため
訂正などは一定の期間トップページから
飛べるようにするなり目立たせたほうが良い気がします。

■おわりに

ちょっと見栄を張って
世界的な大会で優勝した、と言ってしまったら
商業観光課ですし、周りがPRになると思って
記者会見を開こう、などと大事になってしまい
あとに引けなくなった、という感じなんでしょうか。

賞金300万円とシード権でシードを選んだ、というのも
嘘が破綻しづらいようにしたのかもしれません。

旅行言ったなら職場にお土産とか
買っていくと思うんですけど
そういうのはどうしたのかが気になる。

2016年9月28日18:00追記

同僚の職員は電話取材に対して以下のように語っています。

「(男性は)まじめで優しい人。疑いもせずに信じていた。ショックを受けている」

2016年9月28日は出勤していないようで
今後はどうなるんだろう。

 

【スポンサーリンク】

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA