泉田純は現在まで成田真美による巨額詐欺事件の被害に苦しんでいた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

大相撲力士からプロレスラーへと
転向をした泉田純

プロレスリング・ノアの旗揚げにも参加するなど
活躍をしていましたが2009年12月末に
ノアを退団してフリー選手となっていました。

しかしそんな泉田純がなくなられていたことが発覚。
フリーとなった後は巨額詐欺事件の被害にあっており
現在まで苦しんでいたことも告白しています。

今回は泉田純が被害にあった
巨額詐欺事件についてみてみましょう。


 

【スポンサーリンク】

 

■泉田純について

名前:泉田純(いずみだ じゅん)
生年月日:1965年10月28日
出身:宮城県

泉田純は東京農業大学を2年ほどで中退し
大相撲の東関部屋に入門。
1986年の3月場所で初土俵を踏み
1991年9月で引退をしています。

大相撲を引退してからすぐに全日本プロレスに入団し
1992年5月に正式にデビュー。

2000年に起こった全日本プロレスの大量離脱騒動で
泉田純も全日本プロレスから退団。
ノアの旗揚げに参加をします。

2009年12月末にはノアから退団しフリーに。
2012年には泉田純が巨額詐欺事件の
被害に遭っていたことなどを告白しています。
 

【スポンサーリンク】

 

■泉田純が被害に遭った詐欺事件

泉田純は2005年に成田真美被告と知り合います。
知り合った当初から羽振りがよく、
選手やプロレス団体関係者に
高級時計を贈るなどして

信頼を勝ち取るようになり、所属していた
プロレスリング・ノアの支援者となります。

そうして2009年の6月から8月にかけて
成田真美は泉田純に
「税金を滞納して20億円の預金が差し押さえられてしまう」
として8回にわたってお金を借りようとします。

泉田純は成田真美を
資産家だと信じていたために
知人から借金をし、
株を売るなどして現金約8500万円を工面しました。

しかし成田真美はそのお金は
別の被害者への返済に充てたり
遊興費・生活費として使用をしていました。

また、成田真美には泉田純を含め
被害者に返済する金額は総額で5億7000万円あり
全てを返すことは不可能だとしています。

成田真美は2016年5月に泉田純への事件で
懲役2年4ヶ月の判決を受けていますが

実は過去にも成田真美は2011年11月に
4人のお年寄りから1億1000万円を
搾取したとして懲役7年の実刑判決も受けています。

■おわりに

泉田順は成田真美の詐欺事件について
「詐欺被害に遭った40歳から人生がストップしている。
このままだとホームレスになる」と発言をしています。

泉田純は2017年1月末ごろに
神奈川県の自宅で51歳でなくなられましたが
詐欺事件の被害に遭ったことは
現在に至るまで大きな影響を及ぼしていたようです。

2016年1月に泉田純は
ツイッターアカウントを開設していますが
その理由も被害者であるのに
まるで加害者扱いされていたので
身の潔白を証明するためであると語っています。

 

【スポンサーリンク】

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA