舛添要一知事の土地貸与問題に「日本○ね」の人はどう反応?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

舛添要一知事の、新宿の都有地を
韓国政府に貸し出す政策にたいして批判のメール2500通
電話680件が寄せられたそうです。

さらには規模は小さいものの
2016年3月25日には抗議デモが行われました。
そして2016年3月26日にも
15:30~17:00にデモが再度行われるようです。

今回はこの舛添要一知事と
東京都の土地問題に関して
保育園落ちた日本○ね
一躍有名となった人の反応を見てみましょう。

■保育園落ちた人の反応

まず最初の反応がこちら。
確定でないから動かない、というのはその時は私も
そこまで疑問視しなかったんですよね。

しかし最近のツイートを見ると
ちょっとん?と思ってしまいます。
以下の二つを見てみましょう。

なぜか急に大人に、というか
落ち着いた文章になっています。
しかし話題になった文章では
下記のように言っています。

オリンピックで何百億円無駄に使ってんだよ。
エンブレムとかどうでもいいから保育園作れよ。
有名なデザイナーに払う金あるなら保育園作れよ。
どうすんだよ会社やめなくちゃならねーだろ。
ふざけんな日本。

なんでそんな急におとなしくなってしまったんだろうか。

■保育園落ちた人の反応の感想

待機児童という問題はどんな思想だろうと
どこの政党だろうと関係はない、とツイートをしています。
激しい言葉で保育園をどうにかしろ!といっている人が

待機児童が深刻な地域の土地の利用法に関して
保育園よりも外交を優先しているのを
何故批判しないのかがわからないんですよね。

最初の激しい文章で
オリンピックやエンブレム、有名なデザイナーに払う
金はどうでもいいと言っています。
つまりこれって東京都のことですよね?

まさにその東京都で
保育園よりも優先していることが
あることがわかったわけです。

なんであれだけ激しい文章を書いた人が
急に大人になってるんでしょうか。
そこで舛添要一知事の方針に
なぜ反対意見を積極的に出さないのかがわからない。

ここで日本○ねの文章を改変して
怒りの矛先を東京都に向ける、とかが自然です。
でもなぜ怒りを収めているのか。

レッテルを張り付け攻撃的な言葉で何かを言ってくる
ツイートをしていますが
それを最初にしたのはご自身の
「日本○ね」という言葉なんですよね。

そして残念ながら既にその攻撃的な言葉は
政治利用されてもいます。
あまり聞いてて愉快ではない単語が
堂々とメディアに露出していますよね。

なので本気で保育園を増やしてほしいというのなら
保育園落ちた人が行動を起こせば
またニュースにも取り上げられたりして
話題性は高まります。なのに何故しないのか。

いまいち一貫性がない感じがするなぁ。
単なる現政権叩きのための文章のように思えて残念。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA